閉じるボタン
【重要】「ぴあ映画生活」サービス終了のお知らせ

「訴訟」(1990)

【DVD発売中】

73点73
運転中の車が突然炎上し、生涯を車イスで過ごすことになった男が、自動車会社を訴える。原告側の弁護は父ウォード、被告側の弁護はその娘マギー。実の親子でありながら憎しみ合う二人によって裁判は進んでいく。組織悪への告発とともに、世代間の対立と家族の絆を描くサスペンス・ドラマ。

あらすじ

60年代以降、弱者たちの弁護に人生を捧げ英雄視されてきたジェディダイア・タッカー・ウォード(ジーン・ハックマン)は、全米有数の自動車会社アルゴの自動車メレディアンを欠陥車として訴訟を起こそうとしていた。一方、ウォードの娘マギー(メアリー・エリザベス・マストラントニオ)も父と同じ弁護士の道を歩んでいたが、父が世間の名声とはうらはらに女性関係で母エステル(ジョアンナ・マリーン)を泣かせてきたこともあり彼を憎み、父娘の間には深いミゾがあった。マギーはアルゴの顧問弁護士でもある業界有数のクイン法律事務所に勤めており、このメレディアン訴訟の裁判を出世のチャンスと考え、上司であり恋人でもあるマイケル・グレイザー(コリン・フリールズ)に頼み込み、これを担当することになった。やがて裁判が開始され、父と娘は法廷で激しくやりあうが、その争いにショックを受けたエステルは脳血栓で倒れ、他界してしまう。その死をきっかけに父と娘は心を通い合わせるが、ひとたび仕事のこととなると激しい口論となった。だがマギーは、メレディアンの設計チームの1人、パベル(ヤン・ロービッシュ)から車は欠陥車であり、そのことを上司に報告したが当時の顧問弁護士であったマイケルが事実をもみ消していたことを知る。さらに全欠陥車を回収修理するより裁判での費用が安く済むので回収しなかったという大企業の人命軽視の考え方を知り、マギーは激しい怒りを覚え、正義を貫いてきた父の立派さにあらためて気づいた。事件の核心に迫る裁判当日、ついにマギーはマイケルらを裏切り、父の味方につく。父娘は和解し、裁判は原告側の勝訴に導かれるのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1990年
製作国
上映時間 110
カテゴリ サスペンス/ミステリー
チケット 前売りチケットを購入する