閉じるボタン

「トラック野郎 一番星北へ帰る」(1978)

【DVD発売中】

59点59
未亡人・静代をめぐって桃次郎はアメリカ帰りのコンボイ野郎と張り合うことになる。クライマックスは山奥の診療所に医療器具を届けるため、トラックをぶっ飛ばす桃次郎と鬼警部のパトカーとのカーチェイス。

あらすじ

晩秋、青森からの輸送をおえた桃次郎は、ジョナサンの女房、君江の計らいで、お見合をするが、見合の相手と付き添いの子づれ未亡人を取りちがえてしまった。例の早トチリに始まったことだが、一番星はそれからというもの、この美亡人、北見静代に一目惚れ。そんなことで、静代のいるみちのく通いが多くなった一番星は、アメリカ帰りのコンボイ野郎、九十九譲次という新しい強力なライパルに出っ喰わす。一方、お人好しのジョナサンは、人身事故を起した仲間が賠償金返済のために金を借りたサラ金の保証人になっていたが、その仲間が蒸発してしまい、金融業者の朝から晩まで、返済を迫る電話や、いやがらせで、すっかりノイローゼになっていた。トラックまで抵当に取られて四苦八苦のジョナサンに見かねた仲間がカンパするが追いつかない。そこへ、トラック野郎たちのアイドル、花巻のドライブ・イン“みちのく”のウエイトレス、鮎子を密かに想っていたリンゴ園の伜、作太郎が、明日のパンパ・レースに自分の馬が優勝すれば、その馬を二百万で売れるから是非使ってくれと言いだし、大喜びのトラック野郎たち。綱を握る作太郎も介添役の一番星も、泥だらけ、汗みどろの大奮戦、各馬をごぽう抜きにしてゴールに駆け込み、みごと優勝し、賞金をかちとって、借金のアナ埋めにした。ある日、フロントグラスに静代の顔をチラチラと思い出しながら花巻を走っている一番星、飛んで来た模型ヒコーキにも気がつかず、車で踏み潰してしまう。潰されたヒコーキの側で一番星をにらみつけている男の子の母親を見てびっくりする一番星、夢にまで見た憧れの静代だった。憎らしそうな口をきくヒコーキの男の子が静代の息子、誠だと分るや一番星は、潰してしまったヒコーキの替りを運んで誠の気を引こうとするが、いっこうに相手にされない。それにもめげず一番星は徹夜で作ったヒコーキを渡しに静代の家を訪ねた。二人の心が溶け合ったかのように飛ぶヒコーキ、そこへ、馴れ馴れしく現われたコンボイ野郎に一番星は不安でたまらないが、彼が、静代の夫の幼友達と知り、ホットするのであった。そんな一番星は遠い昔、少年の頃、貧しい家がダムの湖底に沈んでしまい、父を失った苦い思い出を持っているので、父親のいない誠が、可愛くてならない。そんな切ない一番星の気持ちが、やがて、静代の心を動かすが、静代は、自分の故郷で生き抜く決心を固め、一番星に別れの手紙を書いて、去っていった。ドライブ・イン“みちのく”でひとり淋しく正月を祝っている一番星に、あと二時間しかないが、大野村まで荷を届けてくれという緊急の仕事が飛び込んで来るのであった……。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1978年
製作国 日本
配給 東映=東映東京
上映時間 110
チケット 前売りチケットを購入する