閉じるボタン
【重要】「ぴあ映画生活」サービス終了のお知らせ

「アリゾナ・ドリーム」(1992)

画像

【DVD発売中】

64点64
アリゾナに住む叔父の結婚式の介添人として呼ばれた青年アクセルは、夫を射殺した過去を持つ未亡人の家に住み込み、自殺願望癖の娘と恋に落ちる。それぞれの夢を抱いた人々が、一人ずつ破滅への道をたどり始める……。サラエヴォ出身のE・クストリッツァが描く、失われたアメリカンドリームへの挽歌。

あらすじ

広大なアラスカの雪原。イヌイットが獲物のオヒョウの腹を裂き、胃袋で息子に風船を作ってやる。赤い風船は空に舞い上がり、ニューヨークの埠頭で居眠りしていたアクセル(ジョニー・デップ)の元まで届く。漁業局で毎日、魚を数える仕事をしている彼の夢は、アラスカでオヒョウを釣り上げることだ。故郷アリゾナから叔父レオ(ジェリー・ルイス)の使いでポール(ヴィンセント・ガロ)が現われ、レオの結婚式の介添人を努めてくれと言い、アクセルを車に乗せた。キャディラックのディーラーをしているレオは、未だにアメリカン・ドリームを信じていた。彼はアクセルを仕事のパートナーにしようとしていた。アクセルと映画館に行ったポールはスクリーンの前に立ち、上映中の「レイジング・ブル」のデ・ニーロのセリフぴったりに喋ってみせた。彼の夢は映画スターになることだ。結局、車のセールスを始めたアクセルの前に、未亡人のエレイン(フェイ・ダナウェイ)と義娘のグレース(リリ・テイラー)が現われる。夫を射殺した過去のある母の夢は空を飛ぶことで、自殺願望のある娘の夢はカメになること。2人は互いに愛し、憎みあっていた。エレインに一目惚れしたアクセルは、その日から彼女のために飛行機作りに没頭する。レオとポールが彼を連れ戻しに来たり、グレースの妨害にあったりした後に完成した飛行機は、テスト中に落下した。その夜、彼はロシアン・ルーレットを提案したグレースを抱く。ある夜、レオの新妻ミリー(ポーリーナ・ポリスコワ)の知らせでレオが自殺を遂げたことを知ったアクセルは駆けつけるが、彼は虫の息で「夢は終わった。キャディラックは時代遅れだ。お前も大人になれ」と言い残して死ぬ。アクセルはエレインの40歳の誕生日に飛行機を贈る。エレインの飛ばす飛行機を相手に、ポールは「北北西に進路を取れ」の場面そっくりに逃げ回ってみせた。アクセルの心はエレインとグレースの間で揺れ動いた。その夜、嵐の中を出ていったグレースは、2人の見ている前で拳銃で自殺する。アクセルはアメリカにはもう、夢など残っていないことに気づく。レオの店でほこりを被った車の上でアクセルは、アラスカでレオとオヒョウを釣り上げる夢を見た。レオの手にしたオヒョウが空を泳いでいった。 【キネマ旬報データベースより】
原題 ARIZONA DREAM
製作年 1992年
製作国
配給 洋画マイナー
チケット 前売りチケットを購入する