閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「ハート・オブ・ザ・シー」(2003)

【DVD発売中】

75点75
ミュージシャン、杉山清貴と一昨年、他界したプロ・ボディボーダー、四方田冨士子との逸話をきっかけに出来たハートフル・ドラマ。舞台となる千葉県和田浦の美しい海の風景が素晴らしい。

あらすじ

自由な東京での一人暮らしの日々に別れを告げ、典子(須藤理彩)は7年ぶりに故郷、千葉県安房郡和田町に帰ってきた。東京から2時間足らずの、海・風・花の町だ。海辺に立つ“クジラFM”のブースからは、地元のアイドルDJである夏生(宮村優子)の聞き慣れた声が聞こえる。幼なじみの真智子(赤坂七恵)や洋介(黄川田将也)、典子の親代わりである順次や栄子ら懐かしい人々も、彼女をあたたかく迎えてくれた。広く穏やかな海と人々の優しさに触れ、典子の心は次第に安らぎを取り戻してゆく。順次が経営する“ライブバーJ”を手伝いながら。淡々とした日々が続き、典子は真智子らにすすめられ、ボディボードを始める。真智子は、若くして亡くなったプロボディボーダーの四方田冨士子に憧れていた。杉山清貴とも親交があったという冨士子の生き方に、杉山ファンの典子も興味を覚える。一方、洋介には念願の企画があった。それは、ビーチクリーンコンサート(ビーチで拾ったゴミが入場券となる無料のコンサート)を、この町で実現することだった。そこに招きたいのは、順次と栄子の昔のミュージシャン仲間でもある杉山清貴。出演交渉のため、典子は洋介と共に奔走する……。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2003年
製作国 日本
配給 デジタルシネマプロジェクト=第一通信社
上映時間 110
公開日 2003年8月17日(日)公開
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する