閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「サマーヌード」(2002)

【DVD発売中】

43点43
南の島で、ある一日に巻き起こる住人達の出来事を切り取っていく青春群像劇。青年・プーと偶然出会った少女・夏樹を中心に25人もの人物が登場するが、飯塚健監督が弱冠24歳の新人とは思えない手腕で個々のエピソードをテンポよく見せる。また、劇中で流れるTHE HIGH-LOWSとブルーハーツの音楽が青春度と爽快感を増加させるのも好演出。

あらすじ

8月31日のとある南の島。帰省していた東京の女子大生・夏樹(野波麻帆)は、プーという名の青年(古谷暢一)とめぐり逢う。ふたりは葬儀屋主人・五郎の軽トラを拝借し、オカマ(ルー大柴)から水着を盗み、海へ行く。実は異母兄弟だったとは知らずに、ふたりは夏の終わりの1日を過ごす。五郎(きたろう)は結婚20周年を迎え、妻のみゆき(香坂みゆき)に花火をプレゼントしようと計画するが、葬儀屋の軽トラごと盗まれてしまう。五郎の高校生の娘の多香子(前田綾花)は、親に隠れて恋人である郵便配達員の泰蔵(堀口文宏)と、初めてのHを経験しようとドキドキ。泰蔵の親友である占いマニアの定食屋の三代目・卓(川本成)は、現在片思い中。その相手は、プーと同棲中の友梨(久納知佳)だった。友梨になんとか想いを告白しようと計画する卓だが、一方妹の理子(真帆)は、親友の多香子と泰蔵との三角関係に思い悩むのだった。さらに、妻の出産を控えながら、連続下着ドロボーを捕まえようと奔走する警官・塚前(今井雅之)。100m走世界最年長記録を持つお婆ちゃんを轢いてしまったタクシードライバー、石垣(具志堅用高)。ヤクザを辞めたい心優しきヤクザの組長(山田辰夫)。お祭り好きなライフセーバー、アバンチュールを求めてやってきた観光客ルミ(井上佳子)&マミ(田中恵理)などなど。いつも通りの一日を過ごす者、いつも通りの一日にサヨナラする者。それぞれに二度と来ない、夏休み最後の日。そして夜空が一日の終わりを告げる時、それぞれの想いを込めた巨大な花火が打ち上がるのだった 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2002年
製作国 日本
配給 アルゴ・ピクチャーズ=「Summer Nude」製作委員会
上映時間 107
公開日 2003年7月12日(土)公開
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する