閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「こぼれる月」(2003)

【DVD発売中】

75点75
強迫神経症、パニック障害、PTSDといった現代特有の病を抱えた若者たちの恋愛模様を、新人、坂牧良太監督が自身の体験も交えて描き出す。主演は『バウンスkoGALS』の岡元夕紀子。

あらすじ

ひきこもりの青年の高(河本賢二)は強迫神経症に悩まされ、手を洗い続けるのをやめられない。通院先で知り合った恋人のあかね(目黒真希)は、同棲して高を養いながら、結婚を夢見ている。あかねもまたPTSDに苦しみながらも、「普通の人々」のように懸命に生きていこうとしていた。しかし高の強迫観念は日増しに強くなり、強迫行動はそれに伴い増加してゆく。一方、彼らと同じ病院に通う千鶴(岡元夕紀子)は、突然、理由の無い激しい不安感に襲われるP.D.で苦しみ、家から出られない日々を過ごす。唯一の家族である母親(田島令子)には、ある事がきっかけで、固く心を閉ざしていた。千鶴は家の二階に引き篭もり、母親ともメモで「会話」を交わすだけの生活を送っていた。ある日、路上で発作を起こした千鶴は、ゆたか(岡野幸裕)という少年に出会う。誘われるままに千鶴の部屋に入ったゆたかは、そこで千鶴の壮絶な姿を目撃する。彼には心を開いたかに見えた千鶴だったが、発作に追い詰められて徐々に自分を見失っていく……。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2003年
製作国 日本
配給 アルゴ・ピクチャーズ=TASUNOKE
上映時間 118
公開日 2003年8月16日(土)公開
カテゴリ ラブ・ストーリー
チケット 前売りチケットを購入する