閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「霊幻道士」(1985)

【DVD発売中】

78点78
中国版ゾンビ“キョンシー“を国際的に有名にした作品。サモ・ハン・キンポーの“コミック・ホラー“シリーズでは4作目にあたる。昔、中国では呪われたり、埋め方を誤った死体は吸血ゾンビ“キョンシー“となるのだった。ある日、一人の道士が、権力者に父親の墓の改築を頼まれる。ところが墓は呪われており、死体はキョンシーと化して一族を襲った。道士は危機を救うため、秘術をつくして対決するが、二人の弟子のうち一方はキョンシーにやられて自らもキョンシーとなり、もう一人も色情狂の女幽霊に取り憑かれ、てんやわんやの騒動となる……。ホラーながら全編ギャグ・タッチ。香港映画特有の壮絶なカンフー・アクションもたっぷり味わえる痛快作。

あらすじ

大富豪のヤンに先代主人の改葬を頼まれた道士(林正英/ラム・チェンイン)は、その墓を掘りおこして、ヤンに誤った方法で埋葬してあるので成仏できないばかりか、キョンシーになる恐れがあると警告する。そこで死体を一時預るが、道士の弟子のモン(許冠英/リッキー・ホイ)とチュウ(銭小豪/チン・シュウホウ)がマジナイをしたが、それでもキョンシーとなり、こともあろうに息子のヤンを殺して逃げた。殺人事件発生とあって、町の保安隊長ウェイ(樓南光/ビリー・ロウ)が駆けつけて来た。彼はヤンの一人娘ティンティン(李賽鳳/ムーン・リー)のいとこであり、彼女にゾッコン。一方、モンとチュウもティンティンに夢中だから事は少々ややこしい。ウェイは彼女の前でカッコイイところを見せるために、道士を犯人に仕立て拘留したが、死んだ筈のヤンはキョンシーの毒でバンバンシーとなって大暴れ。ついにウェイは道士を釈放して退治するように頼む。バンバンシーをあの手この手で封じ込めたものの、今度はその元祖キョンシーが大暴れ、町を大混乱に落とし入れた。一方キョンシーに傷つけられたモンは刻々とその毒におかされつつある。しかも特効薬のモチ米を買いにいったチュウは、霊女シャンシー(王小鳳/ポーリン・ウォン)にとり憑かれてメロメロ。やがて、迫りくるキョンシーと道士の凄絶な戦いが始まったが、道士の必殺技がキョンシーの息の根をとめた。 【キネマ旬報データベースより】
原題 彊屍先生/MR.VAMPIRE
製作年 1985年
製作国 香港
チケット 前売りチケットを購入する