閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「マトリックス・レボリューションズ」(2003)

【DVD発売中】

62点62
空前のブームを巻き起こした大ヒットシリーズの完結篇は、圧倒的なテンションで魅せる人類とマシンとの最終決戦! ネオとスミスの対決を始め、凄まじいスペクタクル映像が満載だ。特にロボットアニメの影響を受けた、ザイオン軍と機械兵器との激戦シーンは圧巻。『リローデッド』ではサブキャラだった人たちも、主役並みに大活躍するので要チェックだ。

あらすじ

現実世界への旅を通して真実の探求を続けるネオ(キアヌ・リーヴス)は、その過程でパワーを使い尽くし、マトリックスとマシン地帯の間にある無人地帯に取り残される。眠り続けるネオを見守るトリニティー(キャリー=アン・モス)。だがモーフィアス(ローレンス・フィッシュバーン)は、救世主がマトリックスの設計者によって作られたコントロール・システムに過ぎないという事実にショックを受けていた。マシン軍がザイオンに突き進む中、ジー(ノーナ・ゲイ)やキッド(クレイトン・ワトソン)など勇敢な市民の志願者に支えられたザイオン軍は、必死の攻防を試みる。一方、はぐれプログラムとなったスミス(ヒューゴ・ウィーヴィング)は、パワーを増しすぎて制御不能になり、今や現実世界とマトリックスもろともマシン帝国をも破壊しようとする脅威になっていた。そんな中、予言者オラクル(メアリー・アリス)は、ネオに最後の導きの言葉を告げ、ネオは彼女がプログラムに過ぎないと知りながらそれを受け入れる。ナイオビ(ジャダ・ピンケット・スミス)の助けを得て、ネオとトリニティーはマシン・シティーの心臓部へ入り込む危険な旅に出るが、トリニティーは死亡。ネオはマシン世界の究極のパワー、機械仕掛けの神と対峙し、彼らにとっても脅威になっていたスミスと対決する代わり、平和を要求。ネオはマトリックスにプラグ・インして死闘を繰り広げ、一度スミスに倒されるが、救世主であることの奇跡が起こって逆転。ザイオンに平和をもたらすのだった。 【キネマ旬報データベースより】
原題 THE MATRIX REVOLUTIONS
製作年 2003年
製作国
配給 ワーナー
上映時間 129
公開日 2003年11月5日(水)公開
カテゴリ アクション
チケット 前売りチケットを購入する