閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「ウェディング・バンケット」(1993)

画像

【DVD発売中】

77点77
名門ニューヨーク大学映画学科出身の台湾人A・リーによる、斬新なタッチの人間ドラマ。アメリカに帰化した台湾出身のウェイトンは、ゲイの恋人サイモンと幸せに暮らしている。そんな彼が台湾にいる親を安心させるために、グリーンカード目当ての中国人女性ウェイウェイと偽装結婚。母国の伝統にのっとり二人は盛大な結婚式を挙げるが、初夜のベッドインでウェイウェイが妊娠してしまう。子孫繁栄を喜ぶ親とは反対に、ウェイトンとサイモンは予想外の事態に戸惑い……。中国の伝統的な考え方と、ゲイという新しい波を結びつけたテーマが新鮮。ユーモラスで温かみのあるタッチが世界中で評判を呼んだ。

あらすじ

ウェイトン(ウィンストン・チャオ)はニューヨークで不動産業を成功させ、市民権も得ている台湾出身の青年。彼は白人のボーイフレンド、サイモン(ミッチェル・リキテンシュタイン)と同棲していた。息子の結婚を望む父親(ラン・シャン)は彼をせっつくが、ゲイであることなど言えるはずがない。だが父の健康が思わしくないことを知った彼は、サイモンの友人で上海出身のウェイウェイ(メイ・チン)との偽装結婚を思いつく。さっそくウェイトンの父と母(グア・アーレイ)が息子の晴れ姿を見るために、台湾からやって来た。サイモンをルームメイトだと言って紹介するウェイトン。中国料理店のオーナーのはからいで、台湾の伝統に則った盛大な結婚披露宴が行われた。ところが「初夜」のベッドで、はからずも新郎と新婦は関係を結んでしまう。両親はその後も居残ったために、3人の間は次第にギクシャクしてきた。ウェイウェイは妊娠し、サイモンも家を出るという。そんな中、父親が倒れて入院した。ウェイトンはついに母親に真相を告げる。一方、リハビリに付き添っていたサイモンに父親は同性愛者だということを知っていたと言い、このことは話さぬよう口止めする。ウェイウェイは中絶を考え直し、生まれてくる子供のためにも新しい関係を築いていく決心をする。両親が台湾に帰る日がやってきた。五人はお互いに語れぬ秘密を持ちながら、空港の廊下で別れを告げた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1993年
製作国 台湾=米
配給 ヘラルド
チケット 前売りチケットを購入する