閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「キタキツネ物語」(1978)

【DVD発売中】

73点73
オホーツク海に臨む冬の北海道。流氷を渡ってやってきたキタキツネのフレップは、オスキツネからメスキツネのレイラを実力で奪い、妻とする。春になり、レイラは5匹の子供を産むが、梅雨の季節に罠にかかって息をひきとった。フレップは子供たちを一人前にするために巣から追いやる。子ギツネたちは密猟者に追いつめられて死んでしまうが、ただ1匹生き残ったシリカは父に再会するのだった……。雄大で美しい北海道の大自然をバックに、キタキツネ一家の成長を根気よく追った感動のドキュメンタリー。人間がほとんど登場しないにもかかわらず、ファミリー客の心を捉えて大ヒットした。「南極物語」「子猫物語」などの動物映画の祖。

あらすじ

冬のオホーツクにブリザートが荒れ狂い、去った朝、流氷を渡って来たキタキツネのフレップの精悍な顔がみえた。翌日、フレップは丘の麓に二匹のキツネの足跡を見つける。すばやく臭いをかいだ彼は、ためらうことなく一方の足跡を追って丘を登った。丘の上にはメスのキツネ、レイラが美しい体を輝かせてたたずんでいた。レイラといっしょにいたオスのキツネをみつけたフレップは猛然と戦いを挑む。戦いに勝ったフレップはレイラと愛のセレモニーをくりひろげるのだった。白鳥たちがシベリアに帰る頃、フレップとレイラの愛の巣穴が海辺の砂丘の斜面につくられた。すでにレイラの体内には新しい生命が宿っていた。フレップの胸には、遠い故郷への想いと、新しい土地で父親になることへの昂ぶりが渦巻いていく。春を告げる嵐が吹く日、レイラは五匹の子どもの母親となった。子ギツネたちは巣穴を出て走りまわるくらいに成長する。ルッサム、レプン、ヌプリ、シリカらは元気に遊びまわっていたが、目の見えないチニタだけはじっとしたままだった。チニタは、自分が家族の重荷になることを子供ながらも悟り、海岸に打ち寄せる波に身をまかせたのである。キタキツネの天敵である犬が、巣穴を嗅ぎつける。しかし、運よく大事には至らなかった。梅雨の季節になり、空腹を訴える子ギツネたちの声で意を決したフレップは、ある夜、牧場のニワトリ小屋を襲い、一羽をようやく仕止める。あとに残ったレイラもその頃、心配のあまり牧場へ急いでいた。牧場に一羽のニワトリが迷い出ているのを見つけたレイラは、とびかかるが、草叢の中に仕掛けてあった罠にかかってしまう。思わずレイラは助けを求めて声をはりあげた。二匹のアイヌ犬がレイラの声を聞きつけて迫ってくる。フレップは自分をおとりにしてアイヌ犬をおびき寄せ、レイラを逃した。レイラは柏の木の丘の上で、子供たちに見守られながら静かに息をひきとるのだった。レイラが亡くなってからのフレップは、表情や態度にいちだんと厳しさを増す。悲しみをこらえてわが子の訓育に身を入れ始めたのも、一日も早く子供たちを一人前にするためだった。実地訓練では、まだ子供たちの知らないさまざまな外敵や危険からの身の守り方、獲物の狙い方、自力で生きていく知恵などをひとつずつ教えていく。子供たちの旅立ちの季節が訪れ、フレップはいつになく荒々しく、わが子を巣穴から追い出し始めた。噛みついたり、つきとばしたりするフレップに、子供たちは初めはとまどい、ついで反撃に出る。これは、キタキツネの子別れと呼ばれる儀式であった。次々と巣から子供たちを追いやったフレップは、最後に子供の中で一番強いシリカと壮烈な戦いを展開する。シリカは何度も反撃を繰りかえしたが結局、住みなれた巣穴を去るしかなかった。フレップは言い知れぬ虚脱感を味わいながらも、親の責務を果たし終えたのだった。北の果ての原野に再び、長く厳しい冬が訪れる。初めて体験するブリザードに、シリカたちはたじろいだ。レプン、ルッサム、ヌプリは猟師に追いつめられたりして死んでしまう。生き残ったシリカと偶然再会したフレップは、人間たちのスノー・モーブルに追いまわされるが、別々の方角へ走り去り、追跡をかわすのだった。オホーツク海が流氷に埋めつくされた時、フレップはシリカに思い出に満ちた土地を譲り、再び氷原を渡って去って行く。父を見送りながらシリカは父が愛し育てたものを受けついでいく重みを感じ始めていた。それは、父、フレップがこの地を訪れる時には思いも及ばぬ事だった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1978年
製作国 日本
配給 サンリオ・フィルム
チケット 前売りチケットを購入する

監督