閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「アサルトガールズ」(2009)

画像

【DVD発売中】

44点44
世界的に名高いアニメ界の鬼才、押井守が、『アヴァロン』以来8年ぶりに完成させた本格的な実写長編。核戦争後の荒野を模した仮想現実空間を舞台に、巨大モンスターのハンティングにいそしむ女戦士たちの姿を、イマジネーションあふれるソリッドな映像で描き出す。黒木メイサ、菊地凛子、佐伯日菜子という個性豊かな女優3人の共演も見どころだ。

あらすじ

仮想空間・Avalon(f)には熱核戦争後の砂漠を模したデザート22という荒野がある。そこに出没するモンスターであるスナクジラを、グレイ(黒木メイサ)、ルシファ(菊地凛子)、カーネル(佐伯日菜子)、イェーガー(藤木義勝)の4人が狙っていた。イェーガーはスナクジラに飲み込まれ、強制終了される。そのころ他の3人の前に、このフィールドの終端標的・マダラスナクジラが現れる。しかしその圧倒的強さのため、3人は退却する。グレイは拠点に戻り戦闘結果を清算する。グレイの成績は優秀だったが、ゲームマスター(イアン・ムーア)は彼女に、マダラスナクジラを倒すために他のプレイヤーとパーティーを組むよう提案する。グレイは二ノ宮金次郎像を模した連絡ポッドにメッセージを残す。ルシファ、カーネルは反応を示すが、イェーガーは挑発的な態度で伝言を無視する。その夜、イェーガーがキャンプで食事をしていると、グレイが現れる。一同は丘の上のストーンサークルに集まる。マダラスナクジラを狩るには、イェーガーが装備する20ミリ対戦車砲が必要だった。グレイとイェーガーはポイントの配分を巡り言い争うが、1対1のバトルの結果、イェーガーは彼女たちに従う。マダラスナクジラとの決戦が始まる。グレイは迷彩戦闘機を操り、ルシファは大カラスに変身し、カーネルは降下猟兵・Temjinを成層圏から飛来させ、マダラスナクジラの足止めをする。そしてイェーガーは、標的の急所に対戦車砲の標準を合わせる。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2009年
製作国 日本
配給 東京テアトル
ヘッド館 テアトル新宿
上映時間 70
公開日 2009年12月19日(土)公開
チケット 前売りチケットを購入する