閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「カフェ・ソウル」(2009)

画像

76点76
韓国・ソウルの伝統ある菓子店を舞台にした日韓合作の心温まる家族ドラマ。バラバラになっていた菓子店の3兄弟が、葛藤を乗り越え絆を取り戻していく姿を描く。

あらすじ

韓国・ソウルの片隅にひっそりと佇んでいる伝統菓子店“牡丹堂”は、寡黙だが腕のいい店主・サンウ(チェ・ソンミン)が1人で切り盛りしている。日本から来たフード・ルポライターの井坂順(斎藤工)は、偶然牡丹堂を訪れる。順はサンウの人柄と牡丹堂の味に魅了され、取材することに決める。しかし牡丹堂は、地元のヤクザから立ち退きを迫られていた。その揉め事でサンウは怪我を負い、仕事ができなくなる。そこにサンウの弟・サンヒョク(John-Hoon)が現れるサンヒョクはミュージシャンを目指して家を飛び出していたが、夢破れて帰ってきたのだった。当初、順とサンヒョクは反発し合う。しかし牡丹堂を守ろうと協力するうちに、不思議な友情が芽生えていく。だがそこにヤクザの刺客として、サンウのもう1人の弟・サンジン(キム・ドンウク)が現れ、牡丹堂は窮地に追い込まれる。しかしサンヒョクが作る思い出の味が、牡丹堂の運命とバラバラになってしまった家族の絆を救う。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2009年
製作国 日本
配給 アールグレイフィルム=コミュニティ・アド
ヘッド館 渋谷シアターTSUTAYA
上映時間 94
公開日 2009年7月18日(土)公開
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する