閉じるボタン

「童貞放浪記」(2009)

画像

46点46
『それでもボクはやってない』など日本映画界の名バイプレイヤー、山本浩司が主演のせつないラブストーリー。30歳になるいまも童貞の大学講師。大学の後輩、萌との再会をきっかけに、“初めての恋“に揺れる男心と、脱・童貞に向かうときめきの時間が、リリカルに綴られる。音楽を、クラムボンのミトが手がけているのも話題。

あらすじ

東京大学大学院を卒業後、某大学の専任講師として勤め始めた金井淳(山本浩司)は、どちらかといえば前にでることよりも後ろにいることを好む性格だが、なぜかいじめの標的にあったり、因縁をつけられてしまうことの多い人生であった。そんな彼は30歳にして童貞ということに、秘かにコンプレックスを抱いている。今日も先輩講師の山口(堀部圭亮)に八つ当たりのような恫喝に遭い、気分転換に風俗に行ってみるが、なぜかまるで処女のように血が出てしまい、ヘルス嬢にも気持ち悪がられる始末。ある日、淳は出張先で大学院の後輩、北島萌(神楽坂恵)に再会する。数日後、またしても山口の恫喝に遭った淳は、特に用もなく掛けた電話で萌と朝方まで話が弾み、ようやく惨めな気分から解放されるのだった。その後も淳と萌は頻繁に連絡を取り合うようになるが、自分の中に湧き上がる初めての感覚に淳は戸惑いを覚える。だが、萌には海外留学の出発日が迫っていた。淳は童貞を卒業することを決意、思い切って萌に告白する。はにかみながら淳の家にやってきた萌と初めて一晩を共にする淳。しかし、その日は結局コトに至ることができなかった。萌の留学直前、萌のアパートを訪ねた淳は、彼女に自分が童貞であることを打ち明ける……。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2009年
製作国 日本
配給 アルゴ・ピクチャーズ
ヘッド館 ヒューマントラストシネマ文化村通り
上映時間 98
公開日 2009年8月8日(土)公開
映倫 R15+
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する