閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「引き出しの中のラブレター」(2009)

画像

【DVD発売中】

71点71
言い出す機会を逃した、勇気がなかった、うまく言葉が見つからなかった……そんな“引き出しの中の言葉たち“が、あるラジオ・パーソナリティの試みで世に放たれた時、リスナーたちの生活にある変化が訪れる。常盤貴子、林遣都、八千草薫、仲代達也ら多彩なキャストを揃えて描く感動作。人気ドラマを数多く手がけてきた三城真一が監督を務める。

あらすじ

久保田真生(常盤貴子)はラジオのパーソナリティ。4年前に父の孝正(六平直政)と仕事のことで喧嘩になり、そのまま絶縁状態になっていた。仲直りもしないまま、2ヶ月前に父は他界。そんな彼女の元に、生前の父が自分に宛てた手紙が届く。だが、開くことができずに、引き出しの中にしまってしまう。ある日、番組宛に一通の手書きの手紙が届く。差出人は北海道の高校生・直樹(林遣都)。“笑わない祖父を笑わせたい“という手紙の内容に、思わず父の姿を重ね合わせる真生。やがて彼女は、リスナーそれぞれが心の奥底にしまいこんだ”想い”を、ラジオを通じて届けたいと番組を企画する。タイトルは”引き出しの中のラブレター“。大都会東京で四苦八苦しながら生きるタクシー運転手の稲村(岩尾望)。シングルマザーを決意した妊婦の由梨(中島知子)。その他にも、恋愛に悩む人、転勤で悩む家族など、たくさんのリスナーのために。ラジオを通じて届けられた想いは、果たして人々の間に奇跡を起こすことができるのか……? 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2009年
製作国 日本
配給 松竹
ヘッド館 丸の内ピカデリー
上映時間 119
公開日 2009年10月10日(土)公開
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する