閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「TAJOMARU」(2009)

画像

【DVD発売中】

56点56
芥川龍之介の「藪の中」を『SF サムライ・フィクション』で鮮烈な監督デビューを飾った中野裕之が、斬新な映像で映画化した異色時代劇。同原作の映画化作品に1950年の『羅生門』があるが、本作は時代も設定も異なるオリジナル・ストーリー。主人公の盗賊、多襄丸に小栗旬が扮し、松方弘樹、萩原健一らベテラン陣がガッチリと脇を固める。

あらすじ

戦乱の世が近づく室町時代末期。次期管領職を約束された名門畠山家の長男、信綱(池内博之)と次男の直光(小栗旬)は、将軍足利義政(萩原健一)から命を受ける。それは、亡くなった大納言の娘、阿古姫(柴本幸)と結婚し、その財産を受け継いだ方を管領職にするというものだった。義政の狙いは大納言の遺産。管領職の地位を弟に奪われることを恐れた信綱は、阿古姫を力ずくで自分のものにしてしまう。許嫁の阿古姫と一緒になれさえずれば、地位などいらないと訴えていた直光だったが、それを聞き、阿古姫を奪回。追っ手を振り切って山道へ逃げ込む。2人に従うのは、家臣の景時(近藤正臣)と桜丸(田中圭)。だが、途中で景時は何者かに殺され、桜丸は行方不明に。そんな2人の前に現れたのは大盗賊、多襄丸(松方弘樹)。その一撃に気絶した直光が気付くと、そこは藪の中。木に縛り付けられ、身動きが取れない。阿古姫は既に多襄丸に手をかけられている様子。さらに眼前では、自分を口説く多襄丸に、阿古姫が“直光を殺せ”と囁く衝撃的な光景が。だが、阿古姫は逃走。隙をついた直光に、小刀で一突きにされた多襄丸は、“多襄丸を殺したものが、その名を受け継ぐ定め”と言い残して息絶える。放心状態で彷徨っていた山中で、道兼(やべきょうすけ)率いる盗賊に取り囲まれ、直光は“多襄丸”を名乗る。その名を聞いて盗賊は、彼を頭に祭り上げる。多襄丸として心の赴くまま自由に生き始める直光。やがて、その耳に届く信綱急死の知らせ。同時に、弟の直光が管領職に就くという噂も。急いで屋敷に戻った多襄丸が目にしたのは、直光を名乗る桜丸と、その妻となった阿古姫の姿だった。やってきた役人に捕らえられる多襄丸。その前で、驚くべき事実が次々と明かされていく。桜丸の謀略、裏で糸を引く将軍義政の思惑、そして阿古姫の告白……。多襄丸がこれまでに目にした真実が、ひとつ、またひとつと覆されていく……。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2009年
製作国 日本
配給 ワーナー
ヘッド館 丸の内ルーブル
上映時間 131
公開日 2009年9月12日(土)公開
カテゴリ 仁侠/時代劇
チケット 前売りチケットを購入する