閉じるボタン

「銭ゲバ」(1970)

0点--
『少年サンデー』に連載されたジョージ秋山の漫画はあまりにも反倫理・反社会的とされ、反響を呼んだ。金銭欲のためなら殺人をはじめとするあらゆる非道を辞さない銭ゲバのニヒルな生き方を描く。その銭ゲバに唐十郎、ヒロインには緑魔子と横山リエが起用されている。

あらすじ

貧しく粗暴で醜い青年蒲郡風太郎は、小さいころ母が病気にかかり、金がないばかりに医者にソッポを向かれて死んでしまってからというもの“金のためならなんでもする”という信念を持つに至った。何とか最下層の生活から這い上ろうとする風太郎は、兄丸社長の車にわざとぶつかり、社長の家にころがり込む。姉娘の三枝子から“ウスギタないアニマル”とさげすまれるが、せっかく関係をつけた金ヅルを、そう簡単には逃がそうとはしなかった。彼はこの家で自分の地位を築こうと、醜い妹娘の正美を自分のものにして、恋人の運転手を殺してしまう。その上、社長に取り入るため、悪友と計って、社の給料一億円を襲わせ、彼の力で取り返すという芝居を打った。この芝居はみごと成功し、感激した社長は風太郎を一躍重役に抜擢した。風太郎の欲望は底のない穴のように深く果てしがなかった。あらゆる権謀術数をもちいて、兄丸社長を惨殺し、三枝子を強姦し、妻の正美を自殺にと追いやり、金をせびりに来た父親さえも殺してしまった。殺人地獄はまだ続いた。彼を軽蔑し憎悪してやまない三枝子を、三枝子と彼の間に生まれた醜い子を、友達を次々と殺害していった。しかしさすがの彼も、生きていく重味にたまらなくなって慟哭してしまった。風太郎は涙をふり払った。「泣くのはよしゃがれッ、銭ゲバよ!」 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1970年
製作国 日本
配給 近代放映
上映時間 91
チケット 前売りチケットを購入する