閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「タクミくんシリーズ 虹色の硝子」(2009)

画像

【DVD発売中】

60点60
累計400万部のセールスを誇るボーイズラブ小説シリーズが『そして春風にささやいて』に続いて映画化。祠堂学院高校に通う青年たちの純愛と嫉妬を描く青春ドラマだ。ミュージカル『テニスの王子様』の浜尾京介、『ウルトラマンメビウス』の渡辺大輔ら人気の若手俳優たちが新キャストとして登場する。監督は『イヌゴエ』『観察』の横井健司。

あらすじ

全寮制の男子高校・祠堂学院2年生の葉山託生(浜尾京介)は、ギイと呼ばれる崎義一(渡辺大輔)と出会い、トラウマが原因で長年抜け出せずにいた「人間接触嫌悪症」から少しずつ解放され、同級生の赤池章三(滝口幸広)、高林泉(細貝圭)、鈴木健志(高橋優太)ら、陽気に話せる仲間と楽しい学園生活を送っていた。ただ、学校のプリンス、ギイの恋人として嫉妬する生徒もいまだに少なくなかった。そんなある日、ギイがハロウィーンパーティーを開催しようと託生に提案する。ギイは、1年生の中でも最も美少年の森田徹(日和佑貴)も呼ぶと言い出し、託生に森田を誘うよう頼むのだった。折りしもギイとの気持ちのすれ違いを感じていた託生は、ギイが自分に飽きてしまったのではないかと嫉妬し、森田を誘ったが断られたと嘘をつく。パーティー当日。託生がみんなから遅れて会場に着くと、そこには森田の姿もあった。ギイが自ら声をかけて呼んだらしい。パーティーが盛り上がる中、森田と仲良くしているギイを見て、託生はいてもたってもいられなくなりその場から急に飛び出してしまう。嫉妬する託生。ギイのみが知る純愛。二人の行方とその裏に隠された衝撃の真実とは……? 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2009年
製作国 日本
配給 ビデオプランニング
ヘッド館 シアターイメージフォーラムにてレイトショー公開
上映時間 74
公開日 2009年4月25日(土)公開
カテゴリ コメディ
チケット 前売りチケットを購入する