閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「築城せよ!」(2009)

画像

【DVD発売中】

62点62
歌舞伎界を牽引する若手として期待が寄せられる片岡愛之助が主演を務めた異色作。無念の死を遂げた戦国武将の魂が現代人の冴えない役場職員に乗り移り、無謀なダンボール築城計画を始動させたことから起きる、とんだ騒動をコミカルに描き出す。これまでに発表した短編作品が国際映画祭で高い評価を受けている古波津陽監督の独特の画作りも光る。

あらすじ

2009年、過疎化がすすむ町・猿投(=さなげ)に突如として3人の戦国武将が現れる。彼らの正体は、400年前に自分の城を完成できずに無念の死を遂げた侍の霊だった。無念を晴らそうとする殿様(片岡愛之助)は“築城せよ!”の号令のもと、町民たちを動員しようとする。一方、住民たちの側も町おこしを期待して殿様に協力することに。こうして、壮大かつ無謀なプロジェクトが立ち上がることとなった。しかし、素材は段ボールの上、残された時間はあと3日。殿様の意味不明の号令と傍若無人な振る舞いに、住民たちの間に流れる不協和音。だが、ひたむきに築城に打ち込む殿様の姿に、大学生のナツキ(海老瀬はな)を中心にして、いつしか住民たちの心も一つにまとまっていく。その陰で、計画の妨害を企んでいたのが、築城現場に工場を建てようとしていた町長(江守徹)。段ボール城を撤去しようと、町長一派は秘策を練る。完成まであと一歩と迫った夜、宴会で盛り上がる段ボール城を、町長の指示を受けた一団が静かに包囲する。果たして、城は無事完成するのか。それとも、ひとたまりもなく壊れてしまうのか……? 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2009年
製作国 日本
配給 東京テアトル
ヘッド館 新宿ピカデリー
上映時間 120
公開日 2009年6月20日(土)公開
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する