閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「ひとりかくれんぼ 劇場版」(2009)

画像

【DVD発売中】

32点32
現代版“こっくりさん“としてネットなどで話題を呼んでいる禁断の遊び“ひとりかくれんぼ“。昨年のOV化に続き、今度は満を持しての映画化。午前3時、ぬいぐるみを相手に行う恐怖のかくれんぼ。次々に起こる怪奇現象、そしてゲーム参加者の失踪。ひとりの女性教師の視点から、“ひとりかくれんぼ“にとりつかれた少女たちの行方を追いかける。

あらすじ

インターネットを通じて深夜にひっそりと行われる降霊術“ひとりかくれんぼ”は、それを行うと様々な怪奇現象が起こると噂され、若者を中心に広まっていた。涼子(川村ゆきえ)が担任するクラスの生徒・りつ子(河北麻友子)は、両親の離婚によって孤独を感じるようになり、次第にこの遊びにハマっていく。ある日りつ子は、ひとりかくれんぼで人を呪い殺せるという噂を聞く。そこで、父親を殺したいと言っていた同級生・相川(碓井将大)を誘う。2人は早速ひとりかくれんぼを始めるが、相川は異様な雰囲気を感じ出す。ひとりかくれんぼは途中でやめてはならないと決められているにもかかわらず、相川はりつ子の制止も聞かずに、その場から帰ってしまう。翌日、りつ子が失踪する。涼子はりつ子の行方を捜すために彼女の家を訪れ、ひとりかくれんぼのやり方が書かれた紙を見つける。ひとりかくれんぼとりつ子の失踪の関連を調べているうち、涼子の同僚・里美(生井亜実)まで犠牲になってしまう。そして涼子にも、ひとりかくれんぼの恐怖が迫ってくる。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2009年
製作国 日本
配給 ジョリー・ロジャー
ヘッド館 シアターN渋谷
上映時間 99
公開日 2009年5月23日(土)公開
カテゴリ ホラー
チケット 前売りチケットを購入する