閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「ハイキック・ガール!」(2009)

画像

【DVD発売中】

55点55
月心会空手で全日本優勝経験を持つ17歳のアイドル・武田梨奈が主演する本格的空手アクション映画。道場でも一目置かれる空手家の少女が、師匠への反発から“壊し屋“と呼ばれる格闘集団に参加するが、その真の目的に気づき、改心して立ち向かう。監督は『黒帯 kuro-obi』『少林少女』の武術指導で知られる西冬彦で、中達也ら空手界の精鋭たちが多数出演。

あらすじ

空手道場に通う17歳の女子高校生・土屋圭(武田梨奈)は、男子顔負けの強さで一目置かれている。しかし、相手を叩きのめすことしか考えていない彼女に対し、“空手の極意は型にあり”と教える師匠の松村義明(中達也)は、なかなか黒帯を許そうとしない。延々と基本と型ばかりの稽古を指示されることに不満を持った圭は、“壊し屋”に入ろうと思い立つ。壊し屋とは、格闘技や武道の達人を集め、依頼された標的を壊す集団である。壊し屋に襲われた相手は肉体のみならず、精神まで破壊されるという。壊し屋には、空手家で変則蹴りの名手・天衝(杉澤一郎)、アクロバットな動きから蹴りを繰り出す跳華(杉山綾)、沖縄古流空手の突きの名手・空拳(八木明人)、古武術使いの飛燕(蒲生麻由)、ムエタイをバックボーンに持つ蹴麗(渡辺久江)、剣術の達人・虎突など、コードネームで呼ばれる様々な格闘家たちがいた。壊し屋の入門テストに合格した圭は、壊し屋と松村の因縁を知ってしまう。しかし、圭はもはや逃げることはできなかった。壊し屋の精鋭たちが松村を襲う。松村は弟子たちのために立ち上がり、“型”で戦いに挑む。そして圭は、松村が本当に伝えたかった真意を知る。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2009年
製作国 日本
配給 ヘキサゴン・ピクチャーズ
ヘッド館 渋谷シアターTSUTAYA、シネマート新宿
上映時間 81
公開日 2009年5月30日(土)公開
カテゴリ アクション
チケット 前売りチケットを購入する