閉じるボタン

「テケテケ2」(2009)

画像

【DVD発売中】

60点60
同日公開の『テケテケ』の1年後の物語を描くホラー映画。相手の足を求めて襲いかかってくる下半身のない女“テケテケ“の恐怖を『片腕マシンガール』『赤んぼ少女』のVFX&特殊造形チームが見事に視覚化。観るもおぞましい光景が観る者を襲う。『吉祥天女』『赤い糸』の岩田さゆりと、人気グラビアアイドルの仲村みうがW主演を務めている。

あらすじ

一年前、テケテケの秘密を解き明かして辛うじて生き残った大橋可奈(大島優子)だったが、思わぬことからテケテケの手にかかって命を落とす。後日、その事件現場の鉄道歩道橋を通りかかったのが水谷菜月(岩田さゆり)と中島玲子(中村みう)。学校の友達の間では、テケテケの噂話で持ちきり。その一方で、性格のきつい玲子は、友達の間で疎んじられがちだった。ある日、文化祭委員の玲子が、打ち合わせに参加しない刀根エリカを注意。これがきっかけで、玲子はエリカたちのグループから無視されるようになってしまう。さらにエリカたちの嫌がらせはエスカレート。玲子の財布を盗んでしまう。その企みに気付いた玲子は、グループのメンバー葉山さやかをテケテケが出没する鉄道歩道橋へ誘い出す。そして、誘いに乗って歩道橋に現れたたさやかは、玲子の目の前でテケテケに襲われ、命を落としてしまう。その光景に恐怖を覚える玲子。だが、それはやがて狂気へと変わる。次のターゲットは大久保真央。さやかと同じように歩道橋に誘い出す。玲子の凶行を知った菜月は、真央を止めようと歩道橋へ向かうが、歩道橋は先の事件のために封鎖されていた。行く当てを失った菜月が踏み切りを渡ろうとしたその時、目の前で真央がテケテケの犠牲になってしまう……。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2009年
製作国 日本
配給 アートポート
ヘッド館 キネカ大森
上映時間 72
公開日 2009年3月21日(土)公開
カテゴリ ホラー
チケット 前売りチケットを購入する