閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「初恋 夏の記憶」(2008)

画像

0点--
文豪ツルゲーネフの小説『初恋』を日本に舞台を移して映画化。山梨の山間部の美しい風景をバックに、15歳の少年の不器用で一途な初恋の物語を綴っていく。ドラマやCMなどで活躍する女優・多岐川華子と、映画『バッテリー』でキャッチャー永倉豪役を演じた山田健太のフレッシュなコンビが主演を務め、舞台演出も手がける野伏翔が監督を務める。

あらすじ

ある夏の暑い日。穂波佑介(山田健太)は両親とともに山間の町へと引っ越してくる。病弱で都会の空気が合わない母の美永子(石村とも子)のために、父の軍司(石黒賢)が退職、療養を兼ねてペンションを経営することにしたのだ。その近所に住んでいたのが成島家。成島家には、一人娘の梨生(多岐川華子)と、その継母で未亡人である美貌の文(麻生祐未)が暮らしていた。ペンションで客に出すためのワインを提供してもらおうとする軍司に連れられて成島家を訪れる佑介。佑介と梨生の初めての出会い。だが、梨生は亡くなった両親への想いと思春期特有の感受性から、文に対して反抗的な態度を取る。自分を持て余す彼女は、取り巻きの男たちを引き連れて奔放な生活を送っていたが、心の中は満たされず、孤独を抱えていた。やがて彼女の不思議な魅力に惹かれていく佑介。だが、軍司に好感を抱く文の様子を知った梨生は、軍司に接近。やがて生まれる激しい恋心。軍司に“海で待ちます。来てくれなければ海に飛び込みます”と伝言を残して1人歩き出す梨生。その後を追う佑介。どこまでも歩き続ける2人を激しい雨と稲妻が襲う。たまらず叫び声を上げる梨生だったが、その声は激しい雨音にかき消されてゆく……。やがて雨が上がり、空はオレンジ色に染まる。そして梨生と佑介は海に辿りつく。2人の中で何かが変わり、運命の夏が終わろうとしていた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2008年
製作国 日本
配給 夜想会シネマプロジェクト
ヘッド館 渋谷シアターTSUTAYA
上映時間 105
公開日 2009年3月28日(土)公開
カテゴリ ラブ・ストーリー
チケット 前売りチケットを購入する