閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「黒の死球」(1963)

75点75

あらすじ

ルビースのスカウト柏木は、高校随一の左腕投手菊川を獲得した。喜びも束の間、先輩スカウト、イーグルスの浜田の死を知った。警察は断崖下で発見された浜田を菊川獲得失敗からの自殺と断定した。柏木は自殺説を信じなかった。浜田の娘しず枝は、遺品中に女物の高級時計購入の領収書を発見したが、実物は見あたらなかった。そんなしず枝にレントゲン写真が届いた。浜田の頼んだもので、骨折した男の左腕だった。過日、菊川はケガをしていたので行ってみたが菊川は回復していた。偶然バアで柏木は浜田の時計ナルダンをしているユカリという女をみつけた。翌日、柏木はユカリを訪ねたが、彼女は失踪していた。柏木はかつて浜田が、108米の遠投記緑うんぬんといったのを思い出し、早速県の体育課で調べた。やっとその男が竹村健太郎と判明した。健太郎は骨折していた。柏木は、たくみに健太郎を診断したのは外科医の犬塚だと聞き出した。しかし犬塚はこれを否定した。柏木は菊川を彼に紹介した教師羽田野の叔父がこの犬塚であること、さらに健太郎の姉がユカリで本名は伸子だという事実を掴んだ。浜田は健太郎を狙ったのだ。伸子は浜田に惹かれていった。伸子を愛している波田野は浜田を憎んだ。菊川の件で欲の出た羽田野は、後輩健太郎でも一儲けを企んだ。そして羽田野は、健太郎骨折の芝居を書いて条件の悪い浜田に断念させようとした。浜田はあきらめなかった。このため羽田野はいつも静岡に泊る浜田をうまくだまして、自分の母の経営するへんぴな温泉地へ呼び出し殺害した。すべてを羽田野は自白した。同時に病魔に冒されていた彼は喀血して果てた。柏木はしず枝と結婚の約束をかわした。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1963年
製作国 日本
上映時間 85
チケット 前売りチケットを購入する

監督

キャスト