閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「暴れん坊兄弟」(1960)

0点--
泰助と泰三は仲良しの兄弟だが性格はまるで正反対。泰助は初のお国入りを控えた主君松平長門守から、国詰めを命じられる。泰助来たるの報に、若葉城は過剰反応。家老がベタぼめするため、泰助は武芸百般の長ということになってしまったのだ。のんびり屋の泰助は、まんまと覆面の一味のワナにかかって小川に落ち、たちまち評判を下げる。

あらすじ

泰助と泰三は仲よしの兄弟だったが、泰助はのんびり屋、泰三は粗忽者と性格は反対だった。兄の泰助は、主君松平長門守から初の国入りを控えて国詰めを命じられた。泰助来たるの報に、若葉城はわいた。兄弟の父の親友だった家老の山治右衛門がベタぼめするので、泰助は武芸百般の達人ということになってしまった。これは青年隊に反感を生じさせた。城下に着いた泰助は早速覆面の一隊に襲われて小川に落ち、山治家を訪れた時は全身濡れ鼠の有様だった。山治老や千賀、津留の姉妹らはがっかりした。数日後、江戸での泰助の行状を知らせる報告がつき、泰助の人気は一気に下落した。そんな時、弟の泰三がやってきた。彼は兄の悪口を耳にすると、兄をあざける侍達に鉄拳の雨を降らせた。さらに泰三は、藩の御料林の横流しに立合っていたという新井、角丸の二人を見つけて奉行のところへ連れて行った。しかし、結果は二人が首を斬られただけで、事件はうやむやのうちに終った。泰助の許へ、収納方下島孝之進の子供たちがやって来て父が殺されると訴えた。駈けつけた時はすでに遅かった。下島は汚職の黒幕は城代家老稲葉兵部で、今夜相模屋に集まると告げて死んだ。遂に泰助も怒り、丸太捧を抱えて一味の宴席に欧りこんだ。泰三と山治老も駈けつけた。−−旬日後、若葉城に長門守がお国入りした。彼は泰助を城代家老に命じた。泰助が千賀と、泰三が津留と結ばれるのも間近いようだ。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1960年
製作国 日本
配給 東映京都
上映時間 86
チケット 前売りチケットを購入する