閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「次郎長三国志 第八部 海道一の暴れん坊」(1954)

【DVD発売中】

87点87
実質上マキノ雅広のオリジナルによるシリーズの最高作。石松はお蝶の法事を終えた次郎長の愛刀を、讃岐の金比羅様へ納める役を仰せつかる。ある娼家で夕顔という娼婦に惚れた石松は、身愛山鎌太郎のはからいで夕顔を身受けすることになる。ところが、その帰途、ワラジを脱いだ都鳥の吉兵衛の闇討ちにあい、無念の死を遂げる。

あらすじ

清水一家は次郎長女房お蝶と豚松の法事の日。百姓姿の身受山鎌太郎が受付に五両置いたのを石松は二十五両と本堂に張り出した。さて読経の声もたけなわ、死んだ豚松の母親や許婚お静が来て泣きわめく。鎌太郎の諌言までもなく次郎長は深く心打たれていた。法事を終えた次郎長は愛刀を讃岐の金比羅様へ納める事になり、選ばれた石松は一同心ずくしの八両二分を懐に旅の空へ出た。途中、知り合った浜松の政五郎にすっかりノロけられた石松は金比羅様に刀を納めると、その侭色街に足を向けて、とある一軒の店へ入った。夕顔というその女の濡れた瞳に惚れた石松は八両二分をはたいて暫く逗留、別れ際には手紙迄貰って讃岐を去った。近江で立寄った身受山鎌太郎は先の二十五両を石松に渡して義理を果し、石松の落した夕顔の手紙に同情して、夕顔を身受して石松の女房にする事を約した。しかし東海道を急ぐ石松は幼馴染の小松村七五郎お園夫婦の許に寄る途中、草鞋を脱いだ都田村吉兵衛に貸した二十五両がもとで、騙討をかけられ、偶然会った政五郎に見とられながら死んだ。石松の死を知った次郎長一家が東海道を西に急ぐ頃、清水へ向う二人、それは鎌太郎と身受けされた夕顔であった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1954年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 103
チケット 前売りチケットを購入する