閉じるボタン

「大阪ハムレット」(2008)

画像

【DVD発売中】

74点74
『少年アシベ』などで知られる人気漫画家、森下裕美が文化庁メディア芸術大賞受賞した同名漫画を実写映画化。叔父、母、3人の息子たちが、悪戦苦闘しながら一生懸命生きていく姿を、大阪の人情味あふれる人間模様の中に描く笑いと涙のヒューマン・ドラマ。大らかな母に松坂慶子、不器用な叔父に岸辺一徳が扮し、味わい深い演技を披露している

あらすじ

大阪の下町。3人の息子を抱える久保家は、働き者の母・房子(松坂慶子)が支えている。父(間寛平)が突然亡くなって四十九日も済まないうちに、父の弟と名乗る叔父(岸部一徳)が久保家に転がり込む。長男・政司(久野雅弘)は中3なのに、見た目は大学生のように老けている。ある日、大学生・由加(加藤夏希)が側溝に落ちそうになっているのを救い、恋人同士になる。政司は年齢を隠して、由加とデートを重ねる。やんちゃな中1の次男・行雄(森田直幸)は、担任教師からハムレットに例えられる。その理由を知るためにハムレットを読み、自分の家庭事情をバカにされたと思い込む。しかし自分の顔が父にまったく似ていないことに気づき、自分が誰の子供なのか、疑問に思う。さらに母が誰かの子供を妊娠していることを知り、悩みは深まっていく。小学生の三男・宏基(大塚智哉)は学校で“女の子になりたい”と言い、同級生にからかわれ、深く傷つく。そんな宏基を、母の妹・あき(本上まなみ)が慰めてくれた。しかし病気で入院中のあきは、しばらくして死んでしまう。宏基は学芸会の演目『シンデレラ』で、周囲に推薦されてシンデレラを演じることになった。母があきの服を仕立て直して衣装にすることになったが、再び周囲から冷やかされ、宏基は心が折れそうになる。そして宏基の学芸会の当日、久保家は5人揃って家を出る。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2008年
製作国 日本
配給 アートポート
ヘッド館 シネスイッチ銀座
上映時間 107
公開日 2009年1月17日(土)公開
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する