閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「花ゲリラ」(2008)

画像

【DVD発売中】

45点45
大ヒットミュージカル『テニスの王子様』のスタッフ・キャストが映画に挑む“キラキラMOVIES“シリーズの第2弾。単調な日々に疲れた女性が、ある日出会った不思議な男。空き地に勝手に花の種をまく“花ゲリラ“の活動を通じて変化していくふたりの行方は?舞台・映画で活躍する小西遼生と、期待の若手女優・伴杏里が主演を務めている。

あらすじ

社会人2年目の映子(伴杏里)はデスクワークばかりで張り合いのない仕事と、会社と家を往復するだけの代わり映えのない生活に退屈を感じていた。ある夜の帰宅途中、線路に人影を見つける。しかし、その男はその場を逃げ去っていく。数日後、映子はあの夜のことをふと思い出し、再び線路に向かう。そこにはまた、あの男・ユウスケ(小西遼生)の姿があった。ユウスケは、夜になると街の様々な場所に花の種を蒔いて歩いていた。ユウスケの行動をおもしろいと感じた映子は、それを手伝うと勝手に宣言する。ユウスケは戸惑いつつも、積極的な彼女に巻き込まれていく。こうして2人の“花ゲリラ”が始まった。しかしユウスケには、花ゲリラをしているつもりはなかった。昼間は家に引きこもっている彼にとって、夜に人知れず花の種を蒔くことだけが、唯一の社会とのコミュニケーションの方法だったのだ。ある夜、2人が線路で種を蒔いていると、鉄道保線員の川辺(大河内浩)に見つかり怒鳴られる。反論する映子に対し、ユウスケは何も言えなかった。その後、川辺やその妻など、人々との出会いを通じて、自分からは決して変えることができなかった2人の生活に変化が生まれていく。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2008年
製作国 日本
配給 ゴー・シネマ
ヘッド館 池袋シネマサンシャイン
上映時間 93
公開日 2009年1月24日(土)公開
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する