閉じるボタン
【重要】「ぴあ映画生活」サービス終了のお知らせ

「おかしなおかしな訪問者」(1993)

56点56
「グレート・ブルー」「ニキータ」等、一連のリュック・ベッソン作品の常連として、特異な存在感を見せつけてきたJ・レノが、12世紀から現代へとタイムスリップしてきた騎士を演じる爆笑コメディ。1123年のフランス。騎士のゴットフロワは、魔女の呪いによって、誤って婚約者の父親を殺してしまう。彼は、歴史を変えるために、魔術師に頼んでタイムトラベルを計画。だが手違いがあって、彼は現代へやって来る……。現代へ来たゴットフロワと、その従者ジャックイユは、さながらドン・キホーテとサンチョ・パンサ。ジャックイユ役のC・クラヴィエが、下卑た男を怪演している。なお、1998年には続編として、「ビジター」が作られた。

あらすじ

西暦一一二二年、フランス国王ルイ六世は、国王の命を救ったことに対し、勇敢な騎士ゴッドフロワ・ババクール(ジャン・レノ)に伯爵の称号を与え、領主ブイユ侯爵の美しい娘フレネゴント(ヴァレリー・ルメルシェ)を妻として迎えさせた。喜びもひとしお、婚礼のために戦地から帰路についたゴッドフロワは、途中の森で黒魔術を司っていた魔女を捕らえ、火あぶりの刑に処した。だが、魔女に呪いをかけられた彼は、なんと婚約者の親を殺めてしまう。絶望の淵に立たされた彼は、大魔術師エウセビエスに呪いをといてくれるように哀願する。そこで魔法の薬で時間線をさかのぼり、不幸な事件の起こるのを回避することになった。秘薬を飲み干したゴッドフロワと侍従のジャックイユ(クリスチャンメ・クラヴィエ)が目を覚ますと、なんだか様子がおかしい。灰色の街道(舗装路)には鉄製の悪魔の箱(自動車)が走っており、人々は奇妙な格好をしているではないか。そう、薬の調合を間違えたために彼らは一九九〇年代に送り込まれてしまったのだ。元の世界に戻るべく、まったく理解不可能な世界を進む二人。自分の子孫のベアトリス(ヴァレリー・ルメルシェ二役)の家に居候として住み着いた彼らは、慣れない現代文明に悪戦苦闘しながらも過去の世界に帰る手だてを探す。そして二人はエウセビエスの子孫を見つけ出し、もとの時間に還る魔術で婚約者の親を殺す前の時間に戻ることができるのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1993年
製作国
上映時間 107
カテゴリ コメディ
チケット 前売りチケットを購入する