閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「鎧 サムライゾンビ」(2008)

画像

【DVD発売中】

30点30
『VERSUS ヴァーサス』『あずみ』などの北村龍平がプロデュースを手掛け、『魁!!男塾』の坂口拓がメガホンを執ったアクション・ホラー。封印を解かれ姿を現したサムライゾンビが、人間を恐怖のどん底に突き落とす。お笑い芸人、桜坂やっくんが、俳優、植田浩望の芸名で素顔で登場、映画初主演を飾る。共演にやべきょうすけ、夏目ナナ、いしだ壱成。

あらすじ

ある休日の昼下がり。郊外のハイウェイで茂雄(吹越満)、康子(荻野目慶子)、高校生の麻美(中島愛里)、小学生の良太(小杉彩人)の一家は、ミニバンでドライブを楽しんでいた。しかし車が林の中の一本道に差しかかったとき、白い服を着た男・相原(いしだ壱成)が銃を構えて道を塞ぐ。運転する茂雄は急ブレーキをかけるが、車は相原をはねる。相原が立ち上がると、黒い服を着た男・次郎(植田浩望)が現れ、相原に何発も発砲する。さらに赤い服を着た女・理沙(夏目ナナ)が、一家に向けて銃を向ける。次郎と理沙は車に乗り込むと姉弟に銃を向け、車を出すよう命じる。3人は逃走中の強盗犯で、仲間割れをしていた。次郎の命じるまま、車は立入禁止となっている山道へ進んでいく。すると突然カーナビの画面が赤く染まり、タイヤがパンクしてしまう。次郎に命ぜられ、茂雄は近くの村まで車を調達しに行く。その途中、茂雄が古い墓地に足を踏み入れると、何かに憑かれたようになる。茂雄は土から刀を掘り出し、自分の首を切り落とす。噴き出した血が墓地に降り注ぐと、墓から鎧を着けた武者・サムライゾンビが蘇る。茂雄の生首を持ったサムライゾンビは、茂雄の帰りを待つ一行の前に現れ、彼らを襲う。次郎と理沙は銃で撃つが、ゾンビには効かなかった。理沙が車を強引に動かし、ゾンビを轢く。ゾンビが動けなくなった隙に、一行は無人の廃村に逃げ込む。そこは、戦国時代からおぞましい因縁に祟られ、立入禁止に指定された“八鎗塚村”だった。強盗を追う2人の警官も、その村にやってくる。そこに、数が増えたサムライゾンビが現れ、人間たちの首を刈っていく。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2008年
製作国 日本
配給 ザナドゥー
ヘッド館 シアターN渋谷
上映時間 91
公開日 2009年2月14日(土)公開
映倫 R15+
カテゴリ ホラー
チケット 前売りチケットを購入する