閉じるボタン

「アパートの鍵貸します」(1960)

【DVD発売中】

81点81
勤務先の上役に情事の場として自分のアパートの部屋を提供し、出世をもくろんでいるバド。そんなある日、人事部長が連れ込んだ相手は、バドが片思い中のフランというエレベーター・ガールだった。巨匠B・ワイルダーがI・A・L・ダイヤモンドとの共同シナリオを映画化し、都会派ラブ・コメディのお手本として多くの映画ファンに愛される名作。サラリーマンの悲哀とやるせなさ、男心のいじらしさを見事に表現したJ・レモンと相手役S・マクレーンの掛け合いも絶妙で、アカデミー賞では共に惜しくも候補止まりだったが、息の長いフィルモグラフィーを誇る彼らの代表作となった。

あらすじ

ニューヨークのさる大保険会社の一平社員バクスター、通称バド(ジャック・レモン)は、野望に燃える青年である。勿論出世のことである。その方法は、4人の課長にアパートの鍵を貸すだけで充分だった。4人はアパートをせっせと愛用し、バドの昇給にせっせと尽力した。そこに人事部長のシェルドレイク氏(フレッド・マクマレイ)も加わった。部長のよろめきの御相手は会社のエレベーター嬢フラン(シャーリー・マクレーン)。バドはこの丸ぽちゃで適当にグラマーのフランに片想いしていたので、少なからずショックだった。社員のクリスマス・パーティでフランのコンパクトを見たバドは、頭にくる。数日前バドのアパートに置き忘れられたので、バドが部長に返却申しあげたものと同一だったのである。酔ったバドが年増の金髪美人を連れてアパートに帰ると、そこでフランが自殺をはかっていた。離婚をした暁にはきっと君と…、と言うばかりで実行しないシェルドレイク氏の不実に絶望し、バド愛用の睡眠薬を全部飲んでしまったのだ。金髪美人を追い帰して、必死に看病するバドの心はフランを想う気持ちで一杯だった。翌朝、一大決心をしたバドは、部長にフランとの結婚を打ち明けようとする。その瞬間、部長は離婚が成立し、フランと結婚する旨をバドに宣告する。すべては後の祭りだった。人の気も知らない部長は、またもアパートの鍵の借用を申しこんできた。カンニン袋の緒を切ったバドは、辞表を叩きつけて会社を飛び出す。その夜、フランは部長とレストランへ。そこで今夜はアパートは使えない、と聞いたフランはハッと気がつく。バドの優しい想いと、自分を本当に愛しているのは誰か、ということを。部長を置き去りに、フランはバドのアパートの階段をかけ上がった。その耳にズドーンと銃声が。もしや自殺!? 部屋に転がり込んだフランの目に映ったのは、他の町での再出発をひとり淋しく祝ってシャンペンの栓を抜いたバドの姿だった。重役になれるかどうかは別問題。だが、バドの独身生活に栄光ある終わりが近いことは、確かなようである。メデタシ メデタシ。 【キネマ旬報データベースより】
原題 THE APARTMENT
製作年 1960年
製作国
チケット 前売りチケットを購入する