閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「赤い糸」(2008)

画像

【DVD発売中】

59点59
累計3600万アクセス、書籍売り上げ180万部を記録したケータイ小説がついに映画化。運命の“赤い糸“を信じて、迷いながらも前向きに恋する主人公・芽衣とアツシの物語を描く。映画公開と同時期に同キャスト・スタッフで連続ドラマが製作されるなど、壮大なスケールで人気作の映像化に挑む。期待の若手俳優、南沢奈央と溝端淳平が主演を務める。

あらすじ

竹宮芽衣(南沢奈央)は幼い頃から兄弟のように育ってきた幼なじみの篠崎悠哉(矢崎広)に恋していた。ところが中学2年のある日、悠哉から、自分が好きなのは姉の春菜(岩田さゆり)だと打ち明けられてしまう。10年来の初恋はこうして終わった。だが、そんなとき、芽衣は静かな優しさを持つ西野敦史(溝端淳平)と出会う。そして、仲の良い友達に囲まれ過ごしていくうちに、次第に芽衣の傷ついた心も癒されてゆく。ある日、敦史は芽衣の誕生日を聞いて驚く。1992年2月29日――。彼も同じ誕生日だったのだ。そんな中、迎えた修学旅行。敦史は芽衣に幼い日のある出来事を語る。それは、芽衣と初めて出会った8歳の誕生日のことだった。すでに出会っていたという事実に運命的なつながりを感じた2人は、互いの気持ちを確かめ合う。そして、次にやってくる2月29日、16歳の誕生日は必ず一緒に過ごそう、と約束をする。しかし、2人の間に隠された衝撃の“過去”を知った敦史は、芽衣の前から突然姿を消してしまう。どん底に突き落とされた芽衣に、さまざまな出来事が降りかかる。大切な人の死、ドラッグ、DV……。芽衣は赤い糸に導かれ、運命の相手と結ばれるのか……。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2008年
製作国 日本
配給 松竹
ヘッド館 丸の内プラゼール他
上映時間 106
公開日 2008年12月20日(土)公開
チケット 前売りチケットを購入する