閉じるボタン
【重要】「ぴあ映画生活」サービス終了のお知らせ

「buy a suit スーツを買う」(2008)

画像

【DVD発売中】

64点64
『BU・SU』『トニー滝谷』など数多くの珠玉作を世に送り出し、昨年9月に死去した市川準監督が、自らもカメラを回して撮り上げた遺作。失踪した兄を探すために大阪から上京してきた女性の姿を追いながら、今の東京の風景とそこで暮らす普通の人々の営みをみずみずしく映し出す。短編作品『TOKYO レンダリング詞集』を同時上映。

あらすじ

会社の同僚・スミちゃん(松村寿美子)と共に大阪から上京したユキ(砂原由起子)は、秋葉原の駅に降り立つ。スミちゃんと駅で別れたユキは駅前の大きなビルの前で、蒸発した兄・ヒサシ(鯖吉)の大学時代の先輩・山口(山崎隆明)と落ち合った。今は広告代理店で働いているという山口にユキは、全く消息がわからなかったヒサシから最近手紙が届き、そこに住所が書いてあったことを話す。山口はノートパソコンを開き、ヒサシ宛に手紙を書き始め、これからヒサシに会いに行くというユキにプリントした手紙を渡すのだった。忙しそうにビルへ戻っていく山口を見送ったユキは、ヒサシの手紙の住所をたどってバスに乗る。窓から東京の街並みを見ながらたどり着いたのは、吾妻橋のたもとであった。隅田川に沿って点々とダンボールの家がある。その片隅のひとつからゴソゴソと人が出てくると、それはユキの兄・ヒサシだった。とつとつと話し始める兄妹。そして二人は、浅草で暮らしているというヒサシの元妻・トモ子(三枝桃子)に会いに行くことにする。その日は、トモ子の誕生日だったのだ……。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2008年
製作国 日本
配給 市川準事務所=スローラーナー
ヘッド館 ユーロスペースにてレイトショー公開
上映時間 47
公開日 2009年4月11日(土)公開
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する