閉じるボタン

「にっぽんぱらだいす」(1964)

【DVD発売中】

80点80
喜劇の第一人者・前田陽一の監督デビュー作。赤線で働く娼婦たちの生き方を、ペーソスを交えて描いた風刺劇に仕上がっている。昭和20年、日本は国民外交を円滑にするという名目で、“特殊慰安施設協会“を設置した。蔵本はこれを機会に、今まで疎開させておいた女たちを連れ戻して店を開く。時は流れ、日本の発展に伴って店も大繁盛。すったもんだの末、やがて売春防止法が施行される。『蛍の光』の合唱とともに赤線の灯が消えていく、もの悲しいラストが印象的。ホキ徳田が自慢の脚線美を披露。

あらすじ

昭和二十年、アメリカをはじめとする連合軍が日本に進駐してきた。国家は、国民外交の円滑な発展を計る、という名目で、R・A・A(特殊慰安施設協会)を開設した。桜原という赤線地帯の業者、蔵本大典も、疎開させておいた店の女達を連れ戻し、R・A・Aで働かせていた。そんな女達の中に、まだお下げ髪の処女光子もいた。然し、このR・A・Aも性病の蔓延を防ぐというG・H・Qの指令で閉鎖された。蔵本は、自分の店の女達を連れて、再び桜原に帰り、妓夫太郎の六助や女達と廓を復興し「日ノ丸楼」と名付けた。そんなとき、蔵本の一人息子希典が復員してきた。が、そんな父の商売を嫌って家出した。昭和二十八年、世間は落着きを取戻し、赤線桜原も繁栄の一途をたどり、「日ノ丸楼」も「ハレム」と名を改めた。ハレムの馴染客で、ニワカ成金の紀ノ国屋は、その財力で光子を水揚げすると共に、老妻の了解を得て、妾においた。そんなある日、ハレムに、卒論「日本売春史」作成のため“夜の女”の生活を体験したい、という女子大生楠千恵子がとびこんできた。千恵子のものおじしない発言は、女達の間に新風を巻き起した。昭和三十一年五月「売春防止法」が成立。蔵本はそのショックで世をさった。家出をしていた息子希典は、そんな父の姿をみて、妻の反対を押切り、「ハレム」の後を継いだ。希典は女達のために大巾な待遇の改善をした。そんなとき、親族の反対で家を追い出された光子が舞いもどった。再び店にたった光子は、純情な学生柴田を知りしだいに心をひかれていった−−。昭和三十三年三月売春防止法が発効され、女たちはミス・ソープに転身していった。桜原の灯が永遠に消されたその夜、光子は毒をあおった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1964年
製作国 日本
配給 松竹大船
上映時間 93
チケット 前売りチケットを購入する