閉じるボタン
【重要】「ぴあ映画生活」サービス終了のお知らせ

「バーン・アフター・リーディング」(2008)

画像

【DVD発売中】

56点56
スポーツジムで働くフツーの男女が拾ったCD-ROMには何と…CIAの機密情報が入っていた!1枚のディスクをきっかけに様々な立場の人間が右往左往。予測不可能なドタバタ劇に待っていた結末とは?『ノーカントリー』のコーエン兄弟が、G・クルーニー、B・ピット、J・マルコヴィッチら実力派&クセ者揃いのキャストを率いて描く大爆笑コメディ。

あらすじ

舞台は、政治の中心地であるワシントンDC。アルコール依存症で、CIAをクビになったオズボーン(ジョン・マルコビッチ)は回顧録を執筆していた。その内容は、怒りに任せて上司の悪口や機密事項を書きなぐった暴露本だった。オズボーンの妻ケイティ(ティルダ・スウィントン)は、夫が解雇されたことに怒りながらも、内心ではほくそ笑んでいた。財務省連邦保安官のハリー(ジョージ・クルーニー)とダブル不倫中の彼女としては、有利に離婚を進めるための好都合だったのだ。夫のパソコンに入ったあらゆるCD-ROMにコピーして、離婚のための弁護士に渡した。しかし、あろうことか弁護士は、CD-ROMをフィットネスクラブに落としてしまった。それを拾ったのは、従業員のチャド(ブラッド・ピット)だった。ipod依存症で筋肉バカの彼は、そのCD-ROMがCIAの重要な機密事項だと勘違いして、これをもとに一攫千金を狙おうと考える。話を持ちかけられた同僚のリンダ(フランシス・マクドーマンド)も、それで念願の全身整形のための費用を稼ごうと賛同した。リンダに思いを寄せる上司のテッド(リチャード・ジェンキンズ)は、無謀な計画を立てる二人を心配げに見守る。そんな折、リンダは出会い系サイトで見つけたパートナーとデートするが、その相手はなんとハリーだった。財務省のエリートでありながら、彼は複数の女性と平行して交際するセックスマシーンだったのだ。チャドは、CD-ROMの持ち主がオズボーンであることを突き止めて脅迫するが、うまくいかない。そこで今度は、リンダと共にロシア大使館に売り込みに行くが、やはり門前払いだった。あげくにハリーの邸宅に忍び込んだ彼は、誤解で撃ち殺されてしまう。オズボーンやチャドたちの行動を把握していたCIAの上層部も、ことの顛末に呆れ果てる。そして、リンダの全身整形の費用だけを提供するのだった。 【キネマ旬報データベースより】
原題 BURN AFTER READING
製作年 2008年
製作国
配給 ギャガ=日活
ヘッド館 TOHOシネマズ スカラ座
上映時間 96
公開日 2009年4月24日(金)公開
映倫 PG12
カテゴリ コメディ
チケット 前売りチケットを購入する