閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「女猫」(1983)

40点40

あらすじ

鏡美音子(通称ネコ)は虐げられた女の避難所、現代版“駆け込み寺”平塚産婦人科に勤務する女医だ。三年前、医大生だったネコは、学長、入鹿太郎の息子、守と恋仲にあったが、嫉妬した守の愛人、神崎晶子にメスで刺され、一命はとりとめたものの、コカイン中毒になり、今の院長、平塚琴枝に救われたのである。以来、ネコと琴枝はレズの関係にある。ネコは知り合いのゲイ・ボーイ、シャーリーの店で開かれたパーティーに出ていると、神崎英子という女が箱を持って彼女に近づいて来た。そのとき、英子の箱を狙って銃が発砲されるが、弾はそれて、ゲイ・ボーイのトミィが倒れた。箱の中味は頭骸骨で、それを復元すると英子の顔になった。それは英子の妹の晶子で、妹は、守とドライブに出て失踪してしまったのだ。英子は守と一緒に妹の行方を探し、その間、二人は関係を持ち、英子は守の子を身ごもっていた。しかし、子供を堕ろさせられ、英子は守が妹を殺したと疑いを持ち、ネコの所にやってきたのだ。入鹿太郎は守の政略結婚を進めており、英子や事情を知ったネコの命を狙いはじめる。太郎は、かつて、琴枝が誤診で患者を死なせたという弱味を握っており、彼女を使ってネコを殺そうとする。琴枝はメスでネコを狙うが、すんでのところでシャーリーに助けられる。そしてネコとシャーリーは太郎に反撃を開始する。そんな中で、レズのネコとゲイ・ボーイのシャーリーはどちらからともなく抱き合い、体を重ねる。男として、女としての陶酔感に浸る二人。守の式の日、理容師に化けたネコが太郎の喉を一閃し、シャーリーは守を廃工場に連れ去る。そこでは部下たちとの銃撃戦が始まり、その中で守は倒れていく。あるホテルの前で、ネコはシャーリーを待っている。シャーリーの姿が見え、抱き合おうとするその瞬間、シャーリーは膝から崩れ落ちていく。ネコは茫然と立ちつくしている……。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1983年
製作国 日本
映倫 R18+
チケット 前売りチケットを購入する