閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「乾いた花」(1964)

【DVD発売中】

77点77
石原慎太郎の同名小説を、篠田正浩監督が池部良主演で映画化したニヒリズム映画の秀作。3年ぶりに出所したヤクザ・村木は、賭場で見事な手さばきをみせる冴子という娘に心惹かれる。しかし彼女には葉という、殺しと麻薬だけに生きている死神のような男が影のようによりそっていた……。この作品は公開までに幾多の問題が生じた。画面からにじみ出るあまりに無機的なニヒリズムから会社側に難解映画とみなされ8ヵ月オクラ(正式公開は1964年3月)になり、続いて映倫が反社会的というレッテルをはり成人映画に指定した。しかし皮肉なことに公開されるや大ヒットを記録。また池部良が初めて着流しスタイルで登場し、新生面を開いた。

あらすじ

ヤクザ仲間の争いから人を殺して三年ぶりに娑婆へ出た村木は、賭場で「その少女」に心をひかれた。昔の女新子との夜は虚しかった。次の賭場で村木は再びその少女に会い、サシで勝負した。有金全部張って挑みかかる少女は、村木の心を楽しませた。その夜、村木は思いがけなく屋台でコップ酒を飲む少女を見た。名は冴子、もっと大きな勝負のある場所へ行きたいとせがむ。約束の日、豪華なスポーツカーで現れた彼女に村木は眼をみはった。大きな賭場での冴子の手捌きは見事だった。彼はふと隅にうずくまって少女を擬視している葉という男に気づいた。中国帰りで殺しと麻薬だけに生きているという、その死神のような眼に、村木はいいしれぬ危険を感じた。それでも勝負に酔った村木と冴子は、夜の街を狂ったように車を走らせた。二人は充たされたものを体に感じていた。ある日、豪酒なホテルのロビーで礼装した冴子の姿を見たとき、村木は初めて嫉妬を抱いた。次の賭場へ遅れて行った村木は、冴子が葉と語り合っているのを見た。突然ガサ入れがあったが、とっさに村木は冴子を小部屋に連れ込んで難を逃れた。無心に笑い転げる冴子に、村木は強烈な愛を感じた。そのころ、ヤグザ同士の縄張り争いにまき込まれ、村木は刺客の役を引き受けた。彼は冴子の見ている前で殺しをやるが、その瞬間、冴子の顔に歪んだ微笑を見た。そして二年、村木は刑務所で新入りの仲間から、冴子が葉に麻薬中毒患者にされ、殺されたことを知ったが、あどけない冴子の姿しか思い出せなかった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1964年
製作国 日本
配給 松竹=松竹大船
上映時間 96
チケット 前売りチケットを購入する