閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「赤んぼ少女」(2007)

画像

【DVD発売中】

61点61
鬼才・楳図かずおの人気作『赤んぼ少女』を、『地獄甲子園』や同じく楳図作品を原作とした『プレゼント』を手がけた山口雄大監督が映画化。赤ん坊のまま成長することが出来ず、母の愛を求めて殺戮を繰り返す奇怪な少女タマミがスクリーンに甦る!本作が初主演となる水沢奈子がヒロイン役を務めるほか、野口五郎、浅野温子らベテラン勢が揃う。

あらすじ

孤児院で育てられた15歳の葉子(水沢奈子)は、15年前、戦争で生き別れになった両親の住む南条家を訪れることになり、孤児院の職員・吉村誠也(堀部圭亮)と土砂降りの雨の中、タクシーで屋敷に向かう。しかし途中で、運転手(板尾創路)は車が故障したと告げる。葉子と吉村はずぶ濡れになりながら屋敷に辿りつくが、出迎えた使用人・紀伊スエ(生田悦子)は、葉子の父・南条敬三(野口五郎)が仕事中であることを理由に冷たい対応をする。しかし吉村はスエに事情を話し、2人は朝まで屋敷に滞在することになる。葉子はその晩、夢を見る。赤ん坊の泣き声が鳴り響く南条家で何者かに追いかけられ、ぬいぐるみを抱いた女(浅野温子)と出くわして意識を失う……葉子はあまりにリアルな悪夢に凍りつくが、実父である南条との再会でその恐怖もかき消される。葉子が南条からプレゼントされた洋服で着飾っているころ、何者かの手が吉村の背後に伸びる。葉子は喜びを噛みしめながらも、屋敷の異様さに気づいていく。どこからか漏れ聞こえる赤ん坊の泣き声、壁紙の下に残る無数の血痕、いつも自分を見つめている視線。そしてぬいぐるみを抱いて正気を失っている女は、自分の母親の夕子であった。夕子にはタマミという娘もいたが、預けられた病院で亡くなったらしい。この屋敷はおかしいと葉子が確信したころ、吉村の弟・高也(斎藤工)が南条家を訪れる。孤児院へ戻ったはずの吉村が行方不明なのだ。葉子と高也は一緒に吉村を探すが、屋敷内の森で見つかったのは飼い犬の無残な死体だった。さらに葉子は、南条も姿を消したことを知る。南条を探す2人を、物陰から見つめる瞳があった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2007年
製作国 日本
配給 日活
ヘッド館 シアターN渋谷、シネ・リーブル池袋
上映時間 104
公開日 2008年8月2日(土)公開
映倫 R15+
カテゴリ ホラー
チケット 前売りチケットを購入する