閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「髪がかり」(2008)

画像

【DVD発売中】

45点45
髪型の変化は人生の変化?山本甲士の連作短編集を『ヅラ刑事』『日本以外全部沈没』の河崎実監督が映画化。一見、どこにでもある散髪屋の理容師の手にかかった3人の若者が髪型も人生も大きく変化していく様をファンタジックに描く。不思議な力と魅力を持つ理容師を夏木マリが演じるほか、舞台・音楽でも活躍を見せる加藤和樹らが出演する。

あらすじ

空いた電車内に、暗い表情をした3人の乗客が乗っている。沙紀(野波麻帆)はとある学園の総務課勤務、俊介(加藤和樹)は就職活動中の大学生、美術館の受付嬢のかえで(宮地真緒)。三者三様、不安や悩みを抱え自分に自信が持てない。沙紀は気の弱い性格が災いして、面倒な仕事を押しつけられたり、後輩からは疎まれたりと職場で肩身が狭い上に、不運続きの毎日を送っていた。気分転換に髪を切ろうと思いついた沙紀は、近所の散髪屋の愛想のよい女理容師(夏木マリ)を思い出し、行ってみる。彼女の心地よいお喋りを聴いているうちに居眠りする沙紀。女理容師に起こされた彼女は、鏡の中の自分を見て驚く…。何度面接を受けても緊張でマニュアル通りにしか受け答えできない俊介は、就職先がなかなか決まらない。ある日、頭の上にカラスの糞がついてしまった俊介は、髪を洗ってもらおうと散髪屋に入る。女理容師は俊介の就職試験失敗談を聞きながら励ましてくれた。気持ちよくてつい眠くなる俊介。目が覚めると、そこには別人が。逆風の中でも前へ進めるようなイケイケの髪形にして欲しいと俊介が言ったとの女理髪師の言葉に、彼は不思議と自信が湧きあがってくるのを覚えるが…。帰宅したマンションで泥棒に遭遇してしまったかえでは、女性の一人暮らしは危ないことがいっぱいだと警察に言われ、ショックで落ち込む。友人の家に一時避難するもなかなか恐怖が忘れられない。自宅に荷物を取りに行った帰り、急に雨に降られたかえでは、雨宿りしないかと女理髪師に声をかけられる。かえでは彼女に少しカットしてくれないかと頼む。女理髪師のマッサージに気が緩んで睡魔に襲われるかえで。目が覚めると、長かった髪は大胆にばっさりと切られていた。髪を洗いながら、犯罪者に立ち向かってやるという気持ちを髪形で表現しようと話し合ったと言う女理髪師。半信半疑なかえでに、すごく似合っていると女理髪師は言葉をかける。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2008年
製作国 日本
配給 エクセレントフィルムパートナーズ
ヘッド館 Q−AXシネマにてレイトショー公開
上映時間 103
公開日 2008年5月31日(土)公開
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する

監督

キャスト

もっと見る