閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「風流使者 天下無双の剣」(1959)

【DVD発売中】

45点45
仙台六十二万石陸奥守の叔父、藤木道満は、陸奥守病弱を利用して伊達家の実権を握り、血気の青年剣士たちを集めて天下を狙っていた。飯山領主豊後守の弟・本多左近は、かねてより道満の内情を探っていたが、その動きを知った道満は、小野派一刀流の達人・島田虎之助を使って左近を討たせようと図る。

あらすじ

仙台伊達六二万石陸奥守の叔父藤村道満は陸奥守病弱を利用して伊達家の実権を握り、血気の青年剣士達を集めて天下を狙っていた。飯山領主豊後守の弟本多左近、人よんで気まぐれ左近は、かねて芸者竹千代を使って道満の内情を探っていた。折から道満は又四郎、周平、千左衛門の三青年剣士を従え水戸に入り、同志を集めて酒宴を開いた。竹千代はこの席から一味の連判状を盗み出そうとして失敗し、白覆面白装束に葵の紋所をつけて現れた左近に救われた。左近が乗り出したことを知った道満は、小野派一刀流の達人島田虎之助を使って左近を討たせようと計った。そして、虎之助と恋仲の娘佳永の父、室賀三太夫を、左近の名を使って殺した。虎之助は復讐のため左近をつけ狙うようになった。左近は侠盗稲葉屋次郎吉の協力によって、道満一味の連判状を手に入れ、老中に事件の全貌を告げた。連判状を奪われた道満は、江戸に行くのを見合せて虎之助に左近を討たせようとした。青年剣士周平は、道満の意図に疑問を抱いて彼のもとから去ろうとし、だまし討ちにされた。彼の友、又四郎もこれを見て道満の門を去る決心をかためた。この頃、虎之助と佳永は次郎吉の恋女房の小唄師匠お悦の家に偶然身を置き、左近を狙っていた。そして左近と虎之助の対決の時がきた。だが、次郎吉が、佳永の父を殺したのは実は道満であることを告げたことから、虎之助は真実を知った。左近と虎之助は、ともにいまは道満を討つため、一味の根城に向った。そこでは、門下から離れようとする又四郎が道満によって討たれようとしていた。左近、虎之助の両人は、協力してここに見事に道満を討ち果たした。徳川の天下をくつがえそうとする一味の陰謀は、こうして気まぐれ左近と、その一党の活躍によってとりのぞかれた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1959年
製作国 日本
配給 東映京都
上映時間 66
カテゴリ 仁侠/時代劇
チケット 前売りチケットを購入する