閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「鳳城の花嫁」(1957)

【DVD発売中】

55点55
日本初の色彩シネマスコープ作品で、ワイドスクリーンの迫力が話題を呼んだ。鳳城の若殿・松平源太郎は30歳でいまだ独身。周りは嫁探しに積極的だが本人は無関心だ。嫁を見つけるという条件で旅に出た源太郎は、道中、豪商井筒屋のおきぬとおみつという姉妹を危機から救う。そしておきぬに胸トキめかすのだが、無器用なために愛を打ちあけられない……。

あらすじ

鳳城の若殿松平源太郎は三十歳の今日未だ独身。計画された嫁選びの宴にもそっぽを向くがそれでも父母や家老嘉門の心痛を察して自分の嫁は自分で探すとばかり家出する。道中、浪人の檜垣権九郎に路銀を作るためだと衣裳を古着に替えさせられ、上前をはねられたりして江戸へ出た。そしてひょんなことから豪商井筒屋の姉妹おきぬとおみつの危機を救いその夜は井筒屋に厄介になった翌日、姉妹を襲った旗本赤柄組の手先の三次が脅迫に来たのを追払うが到々同家に逗留を余儀なくされる。源太郎もおきぬと共に胸をトキメかしているある日、妹のおみつは姉のために語らいの場を作ってやるが口説の下手な源太郎は「私は章魚が嫌いだ」などと言出して折角の気分をぶちこわす。その頃鳳城では大殿が病床にふし源太郎探しに躍起となる。これを知った赤柄組は、おきぬが侍の妻を望んでいるのを利用し鳳城の若殿が彼女を所望していると井筒屋をだます。偽の使者は何と江戸へ流れついた浪人権九郎。さておみつは二人のため最後の橋渡しをするが源太郎は又ヘマをしておきぬを怒らし、彼女はおみつと共に赤柄組の駕篭にのってしまった。源太郎は悲歎にくれるがおきぬの相手が鳳城の若殿ときいて驚き赤柄組の計略と知ってとび出す。同じ頃、家老嘉門も源太郎の行方を追って井筒屋に現れ初めて真相が判る。赤柄組の邸で姉妹があわやという瞬間、血相変えた源太郎が駈けつけた。「おきぬは俺の妻だ!」言いきる彼に感激するおきぬ。権九郎も源太郎に加勢し忽ち赤柄組を斬倒して行く。そして−−必ず迎えにくる事を約束して嘉門らと共に鳳城へと帰って行った。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1957年
製作国 日本
配給 東映京都
上映時間 85
チケット 前売りチケットを購入する