閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「アイアン・メイズ ピッツバーグの幻想」(1991)

50点50
自分の手で町を活性化させてみせると、夢を追い、雄大な国アメリカにやって来た一人の日本の若者。ピッツバーグの田舎町で彼は遊園地の建設に着手するが、何者かに襲われ、瀕死の重傷を負う。背後には小さな田舎町の、日本に対する複雑な感情の存在があった……。「ゴキブリたちの黄昏」で広く海外で認められた吉田監督が、アメリカ資本で撮ったサスペンス・ドラマ。

あらすじ

日本人青年実業家のスギタ・ジュンイチ(村上弘明)は、ピッツバーグ郊外の鉄鋼場跡地に遊園地を建設しようとしていたが、製鉄所の中で何者かに襲われ、瀕死の重症を負った。事件の発生から数時間後、地元の労働者バリー(ジェフ・フェイヒー)が警察に自首してきた。彼は、スギタを殴ったのは襲われたからだと正当防衛を主張した。事件当初から姿を消していたスギタの妻クリス(ブリジット・フォンダ)は、警察署長ジャック・ルール(J・T・ウォルシュ)にあてて電話をかけてきて、バリーとの秘めた関係を告白した。ところが、スギタがまだ生きていると聞くと、再度電話を掛けてきて前の証言を撤回した。バリーとクリスの供述にジャックは当惑するが、製鉄所付近に住む少年マイキーが事件の鍵を握っているとの目星をつけ、彼を捜索することに決めた。そんなとき、クリスがついに姿を現し真実を告白、自首することを決意するのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1991年
製作国
上映時間 102
カテゴリ サスペンス/ミステリー
チケット 前売りチケットを購入する