閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「デトロイト・メタル・シティ」(2008)

画像

【DVD発売中】

66点66
おしゃれなミュージシャンを目指す地味で気弱な青年、根岸。しかし、彼は熱狂的なファンを持つ最凶のデスメタルバンド“デトロイト・メタル・シティ“のヴォーカルだった!大ヒットを記録している若杉公徳の同名コミックが、まさかの映画化。松山ケンイチが、デスメタル界のカリスマ・ミュージシャン、“ヨハネ・クラウザー・II世“役に挑む!

あらすじ

大分で育った根岸崇一(松山ケンイチ)は、カジヒデキに憧れる心優しき青年。そんな彼は、渋谷系ポップ・ミュージシャンを目指して、東京の大学へと進学した。そこでは、同級生の相川由利(加藤ローサ)とも知り合い、充実した学生生活を過ごす。しかし、大学を卒業後、オーディションに合格して彼が所属したのはデスメタル専門の事務所だった。その女社長(松雪泰子)の命令で、根岸は「デトロイト・メタル・シティ」のボーカリストであるヨハネ・クラウザーII世としてデビューさせられる。カミュ(秋山竜次)とジャギ(細田とよひこ)とのスリーピース・バンドであるDMCの人気はうなぎのぼり。その精神的ギャップに苦しむ根岸は、ひとり下北沢で路上ライブを行う。そんなある日、雑誌の編集者となった由利と根岸は再会する。デスメタルを軽蔑する由利に、根岸は後ろめたい。そして、由利がデザイナーのアサトヒデタカ(鈴木一真)に惹かれていくさまを目の当たりにして、ショックを受ける。さらには後輩だった佐治秀紀(高橋一生)も、根岸が目指していたポップ・ミュージシャンとしてデビューし、いたたまれなくなった根岸は、すべてを投げ捨てて実家へと戻る。そんなとき、メタル界の伝説の帝王であるジャック・イル・ダーク(ジーン・シモンズ)が、引退ワールドツアーの対バン相手として、DMCを指名した。母(宮崎美子)との日々を過ごす根岸に、事務所からの小包が届く。そこには、メンバーや社長、そして多くのDMCファンからの励ましの言葉があった。それに感動して、もういちどクラウザーとしてステージに立とうと決意する根岸。ジャックとの対バン勝負にDMCは挑む。ファンからの声援を受けて、クラウザーは再起した。そんなクラウザーに、ジャックはギターを渡す。デスメタル界の後継者は、クラウザーとなった。そして会場に取材に来ていた由利は、彼が根岸だと見破った。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2008年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 104
公開日 2008年8月23日(土)公開
カテゴリ コメディ
チケット 前売りチケットを購入する