閉じるボタン

「吾輩は猫である〈1975年〉」(1975)

【DVD発売中】

67点67
夏目漱石の同名小説の再映画化(最初の映画化は1936年・山本嘉次郎監督)。原作の通り、猫から見た人間世界を映し取り、明治時代の知識人たちの憂うつと倦怠を描く。猫の飼い主の苦沙弥(くしゃみ)先生には仲代達矢が扮しているが、明治という時代に生きる気骨は感じられない。市川崑の演出もサラリとヒョウヒョウとした仕上がり。
製作年 1975年
製作国 日本
配給 芸苑社
上映時間 116
チケット 前売りチケットを購入する