閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「JOHNEN/定の愛」(2008)

画像

【DVD発売中】

53点53
愛する男のために激しい情念を燃やし続けた女、阿部定の物語が『花と蛇』の杉本彩の主演で甦る。三池崇史監督作『IZO』で映画ファンを熱狂させた脚本家・武知鎮典が、時空を越えて生き続ける阿部定の物語を斬新な解釈で脚本化。『皆月』の望月六郎監督が『IZO』の中山一也、内田裕也ら豪華共演陣を得て、哀しくも刺激的な愛の物語を描いている。

あらすじ

とある海岸。カメラマンのイシダ(中山一也)はヌードモデルの撮影を行っていた。そこへ、どこからともなく金髪の謎の老紳士オオミヤ(内田裕也)とその妻サダ(杉本彩)が現れる。その姿を目にしたイシダの視線は、途端にサダに釘付けになる。初めて見たサダの狂おしくも怪しい美しさに心奪われるイシダ。「やっと逢えたのね、吉蔵さん…」。サダは不可解な言葉を発して、燃えるような緋色の長襦袢にしたたる漆黒の洗い髪で恨みがましく彼を見つめる。オオミヤは、彼にサダの撮影を依頼。それに応じてカメラのシャッターを切り始めるイシダ。しかし、彼女の視線に射すくめられた彼は、やがて撮影のことを忘れ、彼女の開いた下肢の間に倒れこんでいく。愛の情念を迸らせるように激しく貪りあうサダとイシダ。それはやがて時空を越え、二二六事件で世間が騒然としている暗い世相の東京へと向かう……。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2008年
製作国 日本
配給 東映ビデオ
ヘッド館 銀座シネパトス、新宿トーア
上映時間 108
公開日 2008年5月31日(土)公開
映倫 R18+
カテゴリ ラブ・ストーリー
チケット 前売りチケットを購入する