閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「フェイク シティ ある男のルール」(2008)

画像

【DVD発売中】

63点63
キアヌ・リーブスが一匹狼の刑事に扮する新感覚クライム・アクション。正義を追求するがゆえに追い詰められていく男の闘いをクールに演じきる。主人公を支えるボス役で存在感を発揮するのは『ラストキング・オブ・スコットランド』のフォレスト・ウィテカー。脚本に『L.A.コンフィデンシャル』の作者として知られるジャームズ・エルロイが参加。

あらすじ

ロス市警の刑事トム・ラドロー(キアヌ・リーブス)は、自分の決めたルールにしか従わない一匹狼。誘拐事件の捜査ではウォッカを呷り、単独で現場へ踏み込むと、有無を言わさず犯人を射殺。事件は無事解決したものの、手段を選ばない強引なやり方には署内の反発も強い。署内で彼を理解してくれるのは、上司のワンダー(フォレスト・ウィテカー)だけだった。ある日、ラドローは彼に恨みを持つかつての相棒ワシントン(テリー・クルーズ)が、自分を陥れようとしているという噂を耳にする。話をつけようとワシントンを尾行するが、ある店に入ったところで2人組みの覆面強盗に遭遇。強盗との間で銃撃戦になるが、ワシントンが全身に銃弾を浴びて死亡。犯人も取り逃がしてしまう。さらに、その後の調査で彼の銃弾がワシントンに命中していたことが判明。周囲からは、ラドローの計画的殺人ではないかという疑いを持たれてしまう。自らの疑惑を晴らすため、情報収集を開始するラドロー。現場に残されたDNAから、犯人が2人組のヘロインの売人であることが判明する。だが、2人とワシントンの間には意外な関係が。以前2人が逮捕された際に、その捜査方法が違法であると内部告発したのがワシントンだったのだ。そのおかげで2人は無罪放免。となると、ワシントンは自分が釈放した人間に殺されたことになる。さらに、彼の身辺から5万ドルという出所不明の現金と押収したヘロインを着服した証拠が出てくる。ラドローは事件が単なる強盗ではなく、署内の不正に関係していると直感。強盗事件担当のディスカント(クリス・エヴァンス)と協力して犯人捜索に当たるが、彼らが発見したのは2人組の死体だった。こうして、事件は振り出しに。だが、自らのプライドを踏みにじられたラドローはこれで諦めなかった。真相を探ろうと、さらに奥深く、後戻りのできない場所へ足を踏み入れてゆく……。 【キネマ旬報データベースより】
原題 STREET KINGS
製作年 2008年
製作国
配給 FOX
ヘッド館 みゆき座
上映時間 109
公開日 2009年2月14日(土)公開
映倫 PG12
カテゴリ アクション
チケット 前売りチケットを購入する