閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「アイアンマン」(2008)

画像

【DVD発売中】

74点74
巨大軍需企業の社長にして大富豪のトニーは、自身が発明した戦闘用パワードスーツを装着し“アイアンマン“に変身。テロ組織と戦いを繰り広げる!空を飛び、次々と武器を繰り出すアイアンマンのド派手なアクションに手に汗握るのはもちろん、これまで重厚な演技を見せてきたのロバート・ダウニーJr.がどのようなヒーロー像を見せるかも楽しみだ。

あらすじ

実業家兼発明家のトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)は、米国政府と契約を結ぶ巨大軍事企業スターク・インダストリーズのCEO。彼は、政府とのパイプ役を努める親友の軍人ローディ(テレンス・ハワード)とともに、アフガニスタンで新型兵器の実験を敢行。実験は大成功に終わるが、武装テロ集団の襲撃を受ける。重傷を負って拘束されるトニー。一味に監禁されている医師インセン(ショーン・トーブ)は彼に人工心臓を移植、一命を取り留める。だが、テロ組織のリーダー、ラザ(ファラン・タヒール)はトニーに新兵器の製造を強要。連行された組織のアジトには、スターク・インダストリーズ製兵器の数々が並んでいた。自分が開発した兵器がテロに利用されていたことを知り、ショックを受けるトニー。彼はミサイルを作るフリをして、飛行可能なパワードスーツ“マークI”を製造、敵の隙を突いて脱出する。だが、マークIは砂漠で全壊。心身に深い傷を負いながら帰国を果たす。会社に戻ったトニーは、幹部役員オバディア・ステイン(ジェフ・ブリッジス)の反対を押し切り、兵器産業からの撤退を発表する。そのニュースに世間が騒然とする中、秘書ペッパー・ポッツ(グウィネス・パルトロー)やローディの協力を得て、新たなパワードスーツの開発に着手。やがてそれは、戦闘機並みの飛行能力、戦闘力を備えた“マークII”を経て、赤と金に輝く“マークIII”へと進化を遂げる。世界を乱す悪との戦いを決意するトニー。だが、彼の知らないところでスターク・インダストリーズは武器販売を続けていた。ラザ一派による民家襲撃のニュースを耳にしたトニーはマークIIIで出撃、テロリストを一掃する。一方、砂漠に残されたマークIの残骸と設計図から、さらに恐ろしい兵器が作られようとしていた。黒幕はオバディア。トニーを襲い、パワードスーツの秘密を手に入れた彼はその本性を現す。 【キネマ旬報データベースより】
原題 IRON MAN
製作年 2008年
製作国
配給 ソニー・ピクチャーズ
ヘッド館 日劇PLEX他
上映時間 125
公開日 2008年9月27日(土)公開
カテゴリ アクション
チケット 前売りチケットを購入する