閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「クレーマー case2」(2008)

画像

【DVD発売中】

10点10
同日公開される『クレーマー case1』と同じ企業を舞台に展開するホラー・テイスト濃厚なサスペンス劇。企業の成分偽装をきっかけに流産し、やがて命を落とした女の呪いは、苦情処理係の女性へと向かう。果たして、その呪いを解く方法とは?『壁男』の演技が記憶に新しい小野真弓が主演を務め、連作いずれにも出演している長澤奈央が共演する。

あらすじ

宮田夏美(小野真弓)は夫と離婚し、女手ひとつで五歳になる息子を育てている。そんな彼女の職場は製菓会社の「お客様相談室」。日々かかってくるクレームの処理に追われていた。ある日、夏美は一本の電話を受ける。受話器の向こうから聞こえてくる女のすすり泣く声。女は「流産したのはおたくのドリンクを飲んだせいだ」という。実は会社が紅茶の成分表を偽っていたのだ。夏美には思い当たる節があったものの、会社からの圧力を考えると、そのクレームを認めるわけにはいかなかった。マニュアルどおりに受け答えをし、電話を切る夏美。明くる日、夏美はニュースを見て驚愕する。本社ビルから流産を苦にした女性が飛び降り自殺をしたのだ。もしかしたら昨日の女ではないか? それを機に「お客様相談室」の職員たちに奇妙な電話がかかってくるようになる。受話器の向こうから聞こえる女の囁く声。そして、その電話を受けた人は必ず死へと追い込まれていく。一人、また一人と増えていく犠牲者たち。女の呪いを解く方法は無いのか? やがて呪いは夏美の元へと忍び寄ってくるのだった……。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2008年
製作国 日本
配給 アートポート
ヘッド館 キネカ大森
上映時間 70
公開日 2008年4月12日(土)公開
カテゴリ サスペンス/ミステリー
チケット 前売りチケットを購入する