閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「ブレス」(2007)

画像

【DVD発売中】

65点65
『受取人不明』『サマリア』など問題作を発表し続ける韓国の鬼才キム・ギドク監督の最新作。刑執行の迫った死刑囚と、平凡な主婦の美麗で残酷な愛の行方を四季折々の風景を絡めながら描く。台湾の実力派俳優チャン・チェンが、容赦なき描写で知られるギドク作品で強烈な演技を披露するほか、久々にギドク監督自身も俳優として出演している。

あらすじ

極寒のハンソン刑務所の監房。刑の執行が間近となった死刑囚のチャン・ジン(チャン・チェン)はキリで喉を突き、自殺を図る。しかし彼は声を失っただけで、再び刑務所に送り返される。そこでは彼を愛する若い囚人(カン・イニョン)が彼を待っていた。しかしチャン・ジンは、生きることに何の未練もなかった。主婦ヨン(チア)は夫(ハ・ジョンウ)と幼い娘と一緒に、裕福な暮らしを送っていた。しかし浮気が発覚しても悪びれない夫に、彼女は怒りとやるせなさを覚える。そんな中彼女は、テレビのニュースでチャン・ジンの自殺未遂を知る。彼女は彼に不思議な同情を感じ、刑務所を訪れる。ヨンは、チャン・ジンの昔の恋人だと言い張り、保安課長(キム・ギドク)の許可を得て彼に面会する。見知らぬ女の訪問に戸惑うチャン・ジンに、彼女は9歳のときの臨死体験を話す。ヨンは自らの体験を語ることで、心が開かれるのを感じた。面会後、ヨンは彼に四季をプレゼントすることを思いつく。彼女は春には春の壁紙を貼り、春服を着て、春の歌を流し踊る。そして夏、秋と定期的にチャン・ジンの元を訪れる。死ぬこと以外に希望がなかったチャン・ジンはヨンを愛するようになり、死ぬことに恐怖を感じ出す。しかし2人の関係を知ったヨンの夫が、彼らの愛を邪魔し始めるのだった……。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2007年
製作国 韓国
配給 エスピーオー
ヘッド館 シネマート六本木
上映時間 84
公開日 2008年5月3日(土)公開
映倫 R15+
カテゴリ ラブ・ストーリー
チケット 前売りチケットを購入する