閉じるボタン

「東京の女性」(1960)

0点--
タイピストとして自動車会社に就職した君塚節子。だが好意を持つ男・木幡から戦闘的なセールスの世界の話を聞き、その職業に心を引かれる。女に何ができるという周囲の冷笑の中で、彼女は歯を食いしばって頑張るが、肝心の木幡は彼女の妹・水代の方に興味を示していくのだった。恋か仕事かに悩む女を当時の女性心理で捉えた、女性映画の快作になっている。

あらすじ

君塚節子は自動車会社光和モータースに勤めるタイピストである。妹の水代も、同じ職場に就職が内定していた。ある日、節子は高級車とトラックの追突事故現場で、同じ社のセールスマン木幡を見た。節子は以前から彼に好意を持っていた。帰途、木幡のベンツに同乗した節子は、彼の話をきき戦闘的なセールスという職業に心ひかれた。水代の就職が決まった日、節子は一森部長から、へんに好意的な態度を示された。木幡の出張中、節子は友人の口添えで車の注文を受けた。取引を喜んだ一森は節子を料亭に誘いその労をねぎらった。もちろん、節子への野心でしかなかった。帰って来た木幡は、節子の話に憤慨した。彼女が貰ったお礼は、会社から出るコミッションの十分の一にも満たなかったのだ。セールスマンたちは、節子をけしかけて一森に明細書を見せることを要求した。−−節子がセールスを志してから一カ月が過ぎた。女に何ができるという周囲の冷笑の中で、彼女は歯をくいしばって頑張った。なにかと相談にのってくれる木幡の親切が身にしみた。一森は節子に拒絶された腹いせを水代に向け、誘惑の手をさしのべる。水代は節子の心配を無視した。木幡は熱海へ新車を届ける途中、偶然、一森にドライブに誘われた水代の危難を救った。そして木幡は、自信を高めている節子には見られない、若々しいあどけなさを残している水代に惹かれるものを感じた。愛する人の言うままに仕事に専念、その道のベテランとなった代りに、節子は自らの恋も妹にゆずらねばならなかったのである。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1960年
製作国 日本
配給 大映東京
上映時間 100
チケット 前売りチケットを購入する