閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「少林少女」(2008)

画像

【DVD発売中】

33点33
『踊る大捜査線』の本広克行監督と『少林サッカー』のチャウ・シンチーが手を組んで製作したカンフー娯楽アクション。中国で武術の修行を積んだ少女が今度は大学ラクロス部の助っ人になることに!主演の柴咲コウは本作のため1年に及ぶトレーニングを敢行。本格的な武術シーンを披露する。ティン・カイマンら『少林サッカー』組の参戦も楽しみ。

あらすじ

中国で少林拳の修行を積んだ桜沢凛(柴咲コウ)が帰国した。彼女の宿願は、少林拳を日本でも普及させていくことにあった。さっそく凛は、祖父が開館させた少林拳道場へと向かう。しかし、懐かしの道場は閉鎖されて廃墟となり、師だった岩井拳児(江口洋介)が町はずれの中華食堂で店長となっていた。変わり果てた状況に、凛は激しいショックを受ける。翌朝、朽ち果てた道場で眠る凛のもとへ岩井の店で働いていた店員の劉[王民王民](キティ・チャン)が訊ねてきた。凛の卓抜とした身体能力に目をつけた[王民王民]は、彼女をラクロスの選手としてスカウトしようと考えたのだ。[王民王民]が通う国際星館大学に連れられた凛は、女子ラクロス部の練習に参加。圧倒的なパワーで部員たちを驚かせた凛は、「私もラクロスをやるから、みんなも少林拳をやろうよ!」とアピールする。そんな凛を、学長の大場(仲村トオル)が見つめていた。最強の敵を求めていた彼は、凛に目をつけたのだ。やがて凛は、初めてラクロスの試合に出場する。しかし、個人プレーに走ってしまい敗北、チームプレイの重要性を凛は認識する。凛の潜在的な能力を知った大場は、それを最大限まで引き出すため道場と岩井の食堂を爆破、[王民王民]を誘拐する。怒りに震え 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2008年
製作国 日本=香港
配給 東宝
ヘッド館 日劇PLEX他
上映時間 107
公開日 2008年4月26日(土)公開
カテゴリ アクション
チケット 前売りチケットを購入する